新しいものづくりがわかるメディア

RSS


64bitと無線通信に対応の「Raspberry Pi 3」登場——RSコンポーネンツが国内販売予定

Raspberry Pi Foundationは2016年2月29日、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」の第3世代モデル「Raspberry Pi 3 Model B」を35ドル(約4000円)で販売開始すると発表した。

photo
photo

ちょうど4年前の2012年2月29日は、Raspberry Pi Foundationが初代Raspberry Piをリリースした日。これまでのRaspberry Pi出荷台数は延べ800万台以上になるという。

Raspberry Pi 3 Model Bでは、Broadcomの「BCM2837」チップセットを採用。64bit対応1.2GHzのARM製クアッドコア「Cortex-A53」プロセッサを搭載し、処理性能について初代Raspberry Piと比べると約10倍、Raspberry Pi 2 Model Bと比較すると50%向上することになるという。

さらに、無線通信機能が追加され、802.11b/g/nの無線LANやBlutooth 4.1(クラシックBluetoothとBluetooth Low Energyのデュアルモードに対応)を使って通信できるようになった。

OSのインストールには、Raspberry Pi Foundationが提供中の「NOOBS」というインストーラを利用可能。microSDカードから起動することで、OSを簡単にインストールできる。NOOBSにデフォルトで含まれているOS「Raspbian」のパッケージには、教育用途で普及しつつあるプログラミングツール「Scratch」、高等数式処理システム「Mathematica」といったアプリケーションが含まれるほか、今回からオープンソースIoT開発環境「Node-RED」が追加された。

フォームファクター(ボード形状)など、Raspberry Pi 2との互換性も備え、40ピンGPIO、4基のUSBポート、フルHD対応のHDMI端子、10/100Mbpsイーサネット端子、3.5mmオーディオ/コンポジットビデオ端子、カメラ(CSI-2)とディスプレイ(DSI)のインターフェース、microSDカードスロットを装備している。電源についてはMicro-USB経由での供給となり、別途、専用の電源アダプタが必要となる。

日本では、アールエスコンポーネンツがRaspberry Pi 3 Model Bの取り扱いを決定。国内での発売は近日を予定している。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  6. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  7. サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. Raspberry PiやArduinoでGroveセンサが使える——Groveセンサキット「800-RPSET1_2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る