新しいものづくりがわかるメディア

RSS


64bitと無線通信に対応の「Raspberry Pi 3」登場——RSコンポーネンツが国内販売予定

Raspberry Pi Foundationは2016年2月29日、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」の第3世代モデル「Raspberry Pi 3 Model B」を35ドル(約4000円)で販売開始すると発表した。

photo
photo

ちょうど4年前の2012年2月29日は、Raspberry Pi Foundationが初代Raspberry Piをリリースした日。これまでのRaspberry Pi出荷台数は延べ800万台以上になるという。

Raspberry Pi 3 Model Bでは、Broadcomの「BCM2837」チップセットを採用。64bit対応1.2GHzのARM製クアッドコア「Cortex-A53」プロセッサを搭載し、処理性能について初代Raspberry Piと比べると約10倍、Raspberry Pi 2 Model Bと比較すると50%向上することになるという。

さらに、無線通信機能が追加され、802.11b/g/nの無線LANやBlutooth 4.1(クラシックBluetoothとBluetooth Low Energyのデュアルモードに対応)を使って通信できるようになった。

OSのインストールには、Raspberry Pi Foundationが提供中の「NOOBS」というインストーラを利用可能。microSDカードから起動することで、OSを簡単にインストールできる。NOOBSにデフォルトで含まれているOS「Raspbian」のパッケージには、教育用途で普及しつつあるプログラミングツール「Scratch」、高等数式処理システム「Mathematica」といったアプリケーションが含まれるほか、今回からオープンソースIoT開発環境「Node-RED」が追加された。

フォームファクター(ボード形状)など、Raspberry Pi 2との互換性も備え、40ピンGPIO、4基のUSBポート、フルHD対応のHDMI端子、10/100Mbpsイーサネット端子、3.5mmオーディオ/コンポジットビデオ端子、カメラ(CSI-2)とディスプレイ(DSI)のインターフェース、microSDカードスロットを装備している。電源についてはMicro-USB経由での供給となり、別途、専用の電源アダプタが必要となる。

日本では、アールエスコンポーネンツがRaspberry Pi 3 Model Bの取り扱いを決定。国内での発売は近日を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る