新しいものづくりがわかるメディア

RSS


低コストで高精度なセンシングが可能なIoTプラットフォーム「IoT for SENSE」

バニーホップは、Raspberry Piを利用し安価で高精度のセンシングが可能になるIoTプラットフォーム「IoT for SENSE」を発表した。

photo

IoT for SENSEでは、センサデータを数kHzでサンプリングし、5秒ごとにクラウドにアップロードする。センシングに特化した独自のOSは、センシングのプロセスを最優先することで、リアルタイム処理が可能となるとしている。

Raspberry Piを利用することでセンサ端末コストがこれまでの10分の1程度となるため、センサ端末を多数設置できる。その結果高精度なデータ分析が可能となり、いままでミクロで計測していたデータがマクロで把握できるようになるという。

また、ネットワーク障害発生時には、Raspberry Pi上にデータを一時的に保管し、障害復旧後に自動的に再送信する機能を持つ。Raspberry Pi上のソフトウェアはクラウドからアップデート可能で、バグ改修や機能追加がリモートでできる。

IoT for SENSEは搭載するセンサを限定しないため、さまざまな分野で活用ができるとしている。クラウド上のソフトウェアとRaspberry Pi用のOSがライセンス提供され、アプリケーションは独自仕様にカスタマイズすることも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  8. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  9. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  10. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る