新しいものづくりがわかるメディア

RSS


低コストで高精度なセンシングが可能なIoTプラットフォーム「IoT for SENSE」

バニーホップは、Raspberry Piを利用し安価で高精度のセンシングが可能になるIoTプラットフォーム「IoT for SENSE」を発表した。

photo

IoT for SENSEでは、センサデータを数kHzでサンプリングし、5秒ごとにクラウドにアップロードする。センシングに特化した独自のOSは、センシングのプロセスを最優先することで、リアルタイム処理が可能となるとしている。

Raspberry Piを利用することでセンサ端末コストがこれまでの10分の1程度となるため、センサ端末を多数設置できる。その結果高精度なデータ分析が可能となり、いままでミクロで計測していたデータがマクロで把握できるようになるという。

また、ネットワーク障害発生時には、Raspberry Pi上にデータを一時的に保管し、障害復旧後に自動的に再送信する機能を持つ。Raspberry Pi上のソフトウェアはクラウドからアップデート可能で、バグ改修や機能追加がリモートでできる。

IoT for SENSEは搭載するセンサを限定しないため、さまざまな分野で活用ができるとしている。クラウド上のソフトウェアとRaspberry Pi用のOSがライセンス提供され、アプリケーションは独自仕様にカスタマイズすることも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る