新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTを支援する第2回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」のプロジェクト公募開始

さまざまな企業、大学、経済産業省の協力で設置されたIoT推進ラボは、第2回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」(官民合同資金/規制等支援)のプロジェクト公募を開始した。

IoT Lab Selection は、技術革新で産業や社会が大きく変革しつつある現状を踏まえ、新たなIoTビジネスモデルの創出やIoTプラットフォーマーの発掘/育成を図るのが狙いだ。

支援対象は、IoT、ビッグデータ、人工知能を活用して事業を行うプロジェクトや、そのためのソフトウェア開発、ハード試作、研究開発/実証などを行うプロジェクト全般(大企業、中小企業、個人を問わず)で、成長性、先導性、波及性(オープン性)、社会性、実現可能性を考慮して選考する。

支援内容は、資金支援やメンターによる伴走型支援、規制改革/標準化などに関する支援から選択することが出来る。

現在IoT Lab Selection説明会(4月22日実施)への参加を募集中だ。公募期間は5月31日までで、書面による一次審査の後、プレゼンによる二次審査と最終審査が行われ、支援プロジェクトが決定する。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  2. 限定150台——4万円で買えるFFF方式3Dプリンターキット「Proforge」
  3. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画
  4. ネオピクセルLEDがドライブできる——Arduino互換Wi-Fi対応IoT開発ボード「LEDUNIA」
  5. すごーい!あたまわるーい!知恵の芽を摘む「頭の悪いメカ発表会2」
  6. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  7. ORANGE BASICでArduinoシールドを使おう——ORANGE picoマイコン「Orangino」
  8. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  9. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  10. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る