新しいものづくりがわかるメディア

RSS


造形物の安定した定着に——3Dプリンタ汎用プリントベッドシート「LokBuild」

FFF/FDM方式の3Dプリンタ用プリントベッドシート「LokBuild」がKickstarterに登場した。

LokBuildは、3Dプリンタのプリントベッド(ビルドプレート)に敷くだけで、その表面の独特なテクスチャによって造形物を強力に定着し、造形物の曲がりや剥がれを防止するシートだ。剥がれ防止に通常使われているカプトンテープやフィルムに比べて、取扱いがより容易なことが特徴だ。また、プリント完了後には、造形物を容易に取り外しできるという。

photo

耐熱性があるため、ABSなどプリントベッドを加熱する必要があるフィラメントでも問題なく使用できる。203×203mmと305×305mmの2種類のサイズがあり、プリントベッドの形状に合わせてハサミやカッターで切断できる。裏側は接着面になっているので、剥離紙をはがして貼るだけでよい。開発者によると、適切に取り扱えば数百回の印刷にも耐えるといい、プリントベッドの保護シートとしても有効だという。

photo

対応フィラメントはABSとPLAで最良の結果が得られ、異なるフィラメントを使う場合でもLokBuildを張り替える必要はない。また、写真にあるように、その他のタイプのフィラメントでも問題なく造形できるとしている。

photo

LokBuildは10月6日までクラウドファンディングを実施。9月7日時点では、目標額の4000ポンド(約55万円)を大幅に超える約1万1000ポンド(約151万円)を集めている。

LokBuildの希望小売価格は203×203mmが9ポンド(約1220円)、305×305mmが13ポンド(約1770円)で、今なら早期割引適用分がそれぞれ7ポンド(約952円)、11ポンド(約1500円)で入手可能。それ以外にも、5/10枚セットのパッケージが準備されている。出荷開始は2017年1月の見込みで、日本への送料は5ポンド(約680円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る