新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大切なものの盗難防止に——小型モーションセンサ「Stilla Motion」

バッグやベビーカー、バイクなど身近にあるものに貼りつけて盗難防止装置になる小型モーションセンサ「Stilla Motion」がIndiegogoに登場した。

photo

Stilla Motionは、防水ケースに入ったボタン型のモーションセンサだ。両面テープなどを使い、動きを検出したいものに貼りつければよい。

photo

動きを検出すると、専用アプリをインストールしたスマートフォンやスマートウォッチにアラートで知らせる方法と、Stilla Motion本体内蔵スピーカーから警報音を発する方法がある。逆に、アプリから本体スピーカーを鳴らすこともできるので、持ち物の置き場所が分からなくなったときにも役に立つ。

photo

スマートフォンとの通信可能距離はおよそ45mといい、明確な記載はないが通信にはBLEを使用していると思われる。また、動きの検出にはアルゴリズムを用いているので、例えば定常的に発生している動きはノイズとしてフィルタし、誤検出しないようにできるとしている。電源にはCR2016ボタン型電池を使用し、センサの作動は専用アプリからオン/オフできる。本体色はシルバー、ブラック、ホワイトが用意されている。

photo

Stilla Motionは、10月上旬までクラウドファンディングを実施。9月7日時点で、目標額の2万ドル(約203万円)を超える約2万6000ドル(約264万円)を集めている。

Stilla Motionの希望小売価格は49ドル(約4970円)で、今なら41%の早期割引適用分が29ドル(約2940円)で入手可能。出荷開始は2017年3月の見込みで、日本への送料は5ドル(約508円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る