新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カラー写真もモノクロ写真も現像可能——暗室のいらない現像タンク「LAB-BOX」

暗室のいらないフィルム現像タンク「LAB-BOX」が、Kickstarterで人気を集めている。モジュール式であり、2種類のフィルムに対応。カラー写真だけでなく、モノクロ写真も現像可能だ。

photo

LAB-BOXは、大きさ182×98×124mm/重さ700gのフィルム現像タンクだ。暗室がなくても、パトローネ入り35mm(135フィルム)とブローニー版(120フィルム)の現像ができる。また、C-41現像によるカラー写真の現像だけでなく、カフェノールを使ったコーヒー現像によるモノクロ写真の現像も可能だ。

photo

使い方は簡単。135フィルムを現像する場合は、135と書かれたモジュールを現像タンクに取り付け、フィルムをパトローネごとセットし、上蓋をセットしてノブを回す。すると、フィルムがタンク内のリールに巻き込まれていく。後は現像液を流し込んで、定期的に撹拌すれば、フィルムの現像が完了する。

photo

一方で120フィルムの場合は、120と書かれたモジュールを取り付け、フィルムをセットして裏紙を引き抜く。すると、モジュール内のリールにフィルムが巻き取られる。後は35mmと同じだ。

photo

LAB-BOXは2017年3月29日までクラウドファンディングを実施する。2月23日時点では、目標額の7万ユーロ(約830万円)を大きく上回る約33万ユーロ(約3900万円)を集めている。

LAB-BOXの早期割引適用価格は、現像タンクに135または120のいずれか1つのモジュールが付いて89ユーロ(約1万1000円)。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は39ユーロ(約5000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  5. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  6. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  7. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  8. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  9. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  10. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る