新しいものづくりがわかるメディア

RSS


カラー写真もモノクロ写真も現像可能——暗室のいらない現像タンク「LAB-BOX」

暗室のいらないフィルム現像タンク「LAB-BOX」が、Kickstarterで人気を集めている。モジュール式であり、2種類のフィルムに対応。カラー写真だけでなく、モノクロ写真も現像可能だ。

photo

LAB-BOXは、大きさ182×98×124mm/重さ700gのフィルム現像タンクだ。暗室がなくても、パトローネ入り35mm(135フィルム)とブローニー版(120フィルム)の現像ができる。また、C-41現像によるカラー写真の現像だけでなく、カフェノールを使ったコーヒー現像によるモノクロ写真の現像も可能だ。

photo

使い方は簡単。135フィルムを現像する場合は、135と書かれたモジュールを現像タンクに取り付け、フィルムをパトローネごとセットし、上蓋をセットしてノブを回す。すると、フィルムがタンク内のリールに巻き込まれていく。後は現像液を流し込んで、定期的に撹拌すれば、フィルムの現像が完了する。

photo

一方で120フィルムの場合は、120と書かれたモジュールを取り付け、フィルムをセットして裏紙を引き抜く。すると、モジュール内のリールにフィルムが巻き取られる。後は35mmと同じだ。

photo

LAB-BOXは2017年3月29日までクラウドファンディングを実施する。2月23日時点では、目標額の7万ユーロ(約830万円)を大きく上回る約33万ユーロ(約3900万円)を集めている。

LAB-BOXの早期割引適用価格は、現像タンクに135または120のいずれか1つのモジュールが付いて89ユーロ(約1万1000円)。出荷は2017年9月の予定で、日本への送料は39ユーロ(約5000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  2. 自分の手で組み立てて演奏——中世ヨーロッパの古楽器作成キット「Hurdy-Gurdy」
  3. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  4. ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい
  5. 【PR】日本最大の工業都市「豊田市」がスタートアップを支援する理由
  6. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. JAXA、国際宇宙ステーション・きぼうの船内ドローン「Int-Ball」の撮影映像を初公開
  9. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  10. Autodesk Fusion 360に最適——3Dプリント/3D CAD制作向けPC3機種を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る