新しいものづくりがわかるメディア

RSS


伝統柄をデジタル技術で布プリント——「伊勢型紙」を蘇らせるプロジェクト

オリジナルファブリックプリントのWebサービス「HappyFabric」が、立命館大学アートリサーチセンターが所有する伊勢型紙のデジタルアーカイブを使い、古い伝統柄を新しい技術を使って蘇らせるプロジェクトに取り組んでいる。

photo

伊勢型紙は、古来より着物などの布を染めるために使われる型紙(孔版)で、重要無形文化財に指定されている工芸技術だ。今回、HappyFabricは立命館大学アートリサーチセンターのデータベースに収納されている伊勢型紙の高精細撮影データの中から20種類の柄を選んで、テキスタイルデザインのソフトウェア「4Dbox PLANS」で着色。孔版から起こした白黒データを元に、デジタル技術を利用して鮮やかな色彩で着色、プリントできるようにした。

HappyFabricでは今回、三越日本橋本店とfabcrossとのコラボ企画「カタガミラボ」で紹介した蝶や梅、牡丹、蝙蝠(こうもり)など10シリーズ60デザインを第一弾として提供する。1m単位で購入でき、価格は素材などによって違うが、例えば「蝶(大柄)藤色」のデザインで厚手トロマット素材なら1mあたり3400円となっている。

photo

HappyFabricでは、今回のプロジェクトに合わせて、公式InstagramやTwitterアカウントのフォローと記事のシェアをしてくれた方の中から抽選で5名に、伊勢型紙デザインのエコバッグやあずま袋などのオリジナルファブリックをプレゼントするキャンペーンを4月23日まで実施している。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る