新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機械学習に必要なPythonの基礎を解説——翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」発刊

翔泳社は、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」を2018年1月24日に発刊する。機械学習の基礎から機械学習ライブラリーを使った開発まで、教師あり学習の基礎を解説する。

人工知能開発の分野では、「教師あり学習」などに代表される機械学習手法に基づいた開発が盛んになっている。同書は機械学習の基礎から始め、Pythonの機械学習ライブラリー「scikit-learn」や数値計算ライブラリー「NumPy」を利用した開発手順までを、初学者でも理解しやすいように具体事例を使いながら解説している。

構成としては、前半は開発環境の準備の説明から始まり、機械学習に必要なPythonの基礎、グラフ描画、必要最低限の数学的知識についての解説。後半は、教師あり学習(回帰)および同(分類)に関してのサンプルを用いた解説、さらにニューラルネットディープラーニングの基礎と応用について解説されている。また、教師あり学習に加え、出力対象が決められていない「教師なし学習」についても取り上げる。

著者は伊藤真氏で、A5、392ページ。価格は2680円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る