新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機械学習に必要なPythonの基礎を解説——翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」発刊

翔泳社は、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」を2018年1月24日に発刊する。機械学習の基礎から機械学習ライブラリーを使った開発まで、教師あり学習の基礎を解説する。

人工知能開発の分野では、「教師あり学習」などに代表される機械学習手法に基づいた開発が盛んになっている。同書は機械学習の基礎から始め、Pythonの機械学習ライブラリー「scikit-learn」や数値計算ライブラリー「NumPy」を利用した開発手順までを、初学者でも理解しやすいように具体事例を使いながら解説している。

構成としては、前半は開発環境の準備の説明から始まり、機械学習に必要なPythonの基礎、グラフ描画、必要最低限の数学的知識についての解説。後半は、教師あり学習(回帰)および同(分類)に関してのサンプルを用いた解説、さらにニューラルネットディープラーニングの基礎と応用について解説されている。また、教師あり学習に加え、出力対象が決められていない「教師なし学習」についても取り上げる。

著者は伊藤真氏で、A5、392ページ。価格は2680円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る