新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTエッジコンピューティングに対応——IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と専用ファームウェア「IoT Gateway Firmware 3.0」

ぷらっとホームは、高性能ハードウェアを搭載しLPWAに対応したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と、IoTゲートウェイ「OpenBlocks」シリーズ専用システムソフトウェアパッケージ「IoT Gateway Firmware 3.0」を発表した。

photo

OpenBlocks IoT VX2は、同社のIoTゲートウェイ製品群OpenBlocks IoT Familyで培ったノウハウや顧客から要望の多かった機能を取り込み、特に近年注目されているIoTエッジコンピューティングに対応したシステム構築を実現するものだ。

photo LoRaWAN通信モジュール装着例

ハードウェアは、1.33GHzデュアルコア Intel Atom E3805プロセッサーに32GB eMMC/2GB RAMを搭載。Ethernetポートも2ポート化するなど、従来品よりも性能面、インターフェース面で強化した。LPWA(LoRaWAN)に対応した「LoRaWAN通信モジュール」をオプションで追加することもできる。

photo

同時に提供を開始するIoT Gateway Firmware 3.0は、IoTゲートウェイ製品群OpenBlocks IoT Familyの機能を強化する専用システムソフトウェアパッケージだ。同社のIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX1/VX2」に対応し、安定した通信事業品質のLinuxカーネルを搭載し、Modbusなどの双方向シリアル通信が強化されている。

さらに、BLE(Bluetooth Low-Energy)やEnOcean、LoRaWAN、SigfoxなどのLPWAなどの通信プロトコルに対応。エッジコンピューティングを支援するため、双方向高速メッセージハンドリングシステム「PDHMS」搭載、Edge側に様々なアプリケーションの実装を可能にしている。加えてDockerコンテナに対応すると共に、OpenBlocks IoT上でビジュアルプログラミングが可能な最新版「Node-Red」を標準で搭載する。

OpenBlocks IoT VX2の出荷は2018年2月の予定。価格はオープン価格だ。また、対応した従来製品用のファームウェアFW2.xからアップデートすることで、FW3.0の機能を利用することができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る