新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTエッジコンピューティングに対応——IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と専用ファームウェア「IoT Gateway Firmware 3.0」

ぷらっとホームは、高性能ハードウェアを搭載しLPWAに対応したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と、IoTゲートウェイ「OpenBlocks」シリーズ専用システムソフトウェアパッケージ「IoT Gateway Firmware 3.0」を発表した。

photo

OpenBlocks IoT VX2は、同社のIoTゲートウェイ製品群OpenBlocks IoT Familyで培ったノウハウや顧客から要望の多かった機能を取り込み、特に近年注目されているIoTエッジコンピューティングに対応したシステム構築を実現するものだ。

photo LoRaWAN通信モジュール装着例

ハードウェアは、1.33GHzデュアルコア Intel Atom E3805プロセッサーに32GB eMMC/2GB RAMを搭載。Ethernetポートも2ポート化するなど、従来品よりも性能面、インターフェース面で強化した。LPWA(LoRaWAN)に対応した「LoRaWAN通信モジュール」をオプションで追加することもできる。

photo

同時に提供を開始するIoT Gateway Firmware 3.0は、IoTゲートウェイ製品群OpenBlocks IoT Familyの機能を強化する専用システムソフトウェアパッケージだ。同社のIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX1/VX2」に対応し、安定した通信事業品質のLinuxカーネルを搭載し、Modbusなどの双方向シリアル通信が強化されている。

さらに、BLE(Bluetooth Low-Energy)やEnOcean、LoRaWAN、SigfoxなどのLPWAなどの通信プロトコルに対応。エッジコンピューティングを支援するため、双方向高速メッセージハンドリングシステム「PDHMS」搭載、Edge側に様々なアプリケーションの実装を可能にしている。加えてDockerコンテナに対応すると共に、OpenBlocks IoT上でビジュアルプログラミングが可能な最新版「Node-Red」を標準で搭載する。

OpenBlocks IoT VX2の出荷は2018年2月の予定。価格はオープン価格だ。また、対応した従来製品用のファームウェアFW2.xからアップデートすることで、FW3.0の機能を利用することができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る