新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTエッジコンピューティングに対応——IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と専用ファームウェア「IoT Gateway Firmware 3.0」

ぷらっとホームは、高性能ハードウェアを搭載しLPWAに対応したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と、IoTゲートウェイ「OpenBlocks」シリーズ専用システムソフトウェアパッケージ「IoT Gateway Firmware 3.0」を発表した。

photo

OpenBlocks IoT VX2は、同社のIoTゲートウェイ製品群OpenBlocks IoT Familyで培ったノウハウや顧客から要望の多かった機能を取り込み、特に近年注目されているIoTエッジコンピューティングに対応したシステム構築を実現するものだ。

photo LoRaWAN通信モジュール装着例

ハードウェアは、1.33GHzデュアルコア Intel Atom E3805プロセッサーに32GB eMMC/2GB RAMを搭載。Ethernetポートも2ポート化するなど、従来品よりも性能面、インターフェース面で強化した。LPWA(LoRaWAN)に対応した「LoRaWAN通信モジュール」をオプションで追加することもできる。

photo

同時に提供を開始するIoT Gateway Firmware 3.0は、IoTゲートウェイ製品群OpenBlocks IoT Familyの機能を強化する専用システムソフトウェアパッケージだ。同社のIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX1/VX2」に対応し、安定した通信事業品質のLinuxカーネルを搭載し、Modbusなどの双方向シリアル通信が強化されている。

さらに、BLE(Bluetooth Low-Energy)やEnOcean、LoRaWAN、SigfoxなどのLPWAなどの通信プロトコルに対応。エッジコンピューティングを支援するため、双方向高速メッセージハンドリングシステム「PDHMS」搭載、Edge側に様々なアプリケーションの実装を可能にしている。加えてDockerコンテナに対応すると共に、OpenBlocks IoT上でビジュアルプログラミングが可能な最新版「Node-Red」を標準で搭載する。

OpenBlocks IoT VX2の出荷は2018年2月の予定。価格はオープン価格だ。また、対応した従来製品用のファームウェアFW2.xからアップデートすることで、FW3.0の機能を利用することができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る