新しいものづくりがわかるメディア

RSS


次世代型Arduinoが登場——Arduino.cc、IoT用途向けに「MKR Vidor 4000」と「Uno WiFi Rev 2」を発表

Arduino.ccは2018年5月17日付の公式ブログで、新たなIoT向け開発ボードとして「MKR Vidor 4000」と「Uno WiFi Rev 2」を発表した。

photo

MKR Vidor 4000は、Arduino初となるFPGAベースのモデルだ。他のMKRシリーズ同様、一般的なArduinoインターフェースではなく、MKRインターフェースに対応し、最大25のユーザープログラマブルピンを持つMiniPCI Expressコネクターを備えている。

FPGAは16Kのロジックエレメント、504KBのRAM、ハイスピードDSP用56 18×18ビットのHWマルチプライヤーを内蔵。各ピンは150MHz超でトグルでき、UART、(Q)SPI、high res/high freq PWM、quadratureエンコーダー、I2C、I2S、Sigma Delta DACなどの機能を構成できる。

photo

基板上には他に、Microchip Technologyの「SAM D21」、Wi-Fi/BLEモジュール「U-BLOX NINA W10シリーズ」、ネットワーク接続セキュリティ用クリプトチップ「ECC508」、8MBのSDRAM、2MBのQSPIフラッシュ(1MBはユーザーアプリケーション用)、Micro HDMIコネクター、MIPIカメラコネクターなどを搭載する。

同ブログは、「MKR Vidor 4000により、FPGAが初めてMakerやイノベーターにとって使いやすいものになる」というArduinoの共同創業者Massimo Banzi氏の言葉を紹介している。

photo

そしてUno WiFi Rev 2では、従来のArduino UnoのフォームファクターにMicrochip Technologyの新型8bitMCU「ATmega4809」を搭載した。加えてWi-Fiモジュール「u-blox Nina W102」、オンボードIMU、クリプトチップ「ECC608」、デジタルインプット/アウトプットピン×14(6ピンはPWMアウトプットに使用可)、アナログインプット×6、16MHzのセラミック発振子、USBコネクター、パワージャック、ICSPヘッダー、リセットボタンなどを備えている。

photo

ATmega4809は、6KB RAM、48KB フラッシュ、UART×3、CIP(Core Independent Peripherals)、ハイスピードADCなどを内蔵。使い易い8bitマイコンによるIoTアプリケーション開発を狙っている。u-blox Nina W102はWi-Fiネットワークへのアクセスに加え、アクセスポイントとしても運用できる。さらにOTA(Over-The-Air)プログラミングをサポートし、ArduinoスケッチやWi-Fiファームウェアのトランスファーが可能だ。

どちらもArduino online storeでは6月末の販売を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る