新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デルタ型FFF方式3Dプリンターキット「XMOD 3D」

FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンターキット「XMOD 3D」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

XMOD 3Dは、シンプルで丈夫な構造にこだわったデルタ型の組み立て式3Dプリンター。アルミ製フレームとジョイント、Vベアリングライナースライド、ゼロバックラッシュのマグネット式プッシュロッドなどシンプルなモジュール構成だ。

photo

すべての部品が金属製で最高温度が350度のホットエンドと耐摩耗ノズル(0.4/0.6mm)が、カーボンファイバーやブロンズなど難易度の高いフィラメントにも対応するという。ノズルとタッチプローブは一体式で、設定やキャリブレーションの際のオフセットが不要だ。エクストルーダーはボーデン式を採用。ヒーテッドベッド用のシートは、交換可能なガラス繊維Garoliteを使う。

photo

XMOD 3DはGコードに対応し、データのアップロードやプリンターの制御はWi-Fi通信かUSB接続で行う。最大造形エリアは、直径約203×高さ約305mmだ。

photo

XMOD 3Dは935ドル(約10万3800円)で2018年11月の出荷を予定しているが、今のところアメリカのみ対応となっている。

XMOD 3DはKickstarterにて、1万9275ドル(約212万円)を目標に6月18日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る