新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デルタ型FFF方式3Dプリンターキット「XMOD 3D」

FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンターキット「XMOD 3D」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

XMOD 3Dは、シンプルで丈夫な構造にこだわったデルタ型の組み立て式3Dプリンター。アルミ製フレームとジョイント、Vベアリングライナースライド、ゼロバックラッシュのマグネット式プッシュロッドなどシンプルなモジュール構成だ。

photo

すべての部品が金属製で最高温度が350度のホットエンドと耐摩耗ノズル(0.4/0.6mm)が、カーボンファイバーやブロンズなど難易度の高いフィラメントにも対応するという。ノズルとタッチプローブは一体式で、設定やキャリブレーションの際のオフセットが不要だ。エクストルーダーはボーデン式を採用。ヒーテッドベッド用のシートは、交換可能なガラス繊維Garoliteを使う。

photo

XMOD 3DはGコードに対応し、データのアップロードやプリンターの制御はWi-Fi通信かUSB接続で行う。最大造形エリアは、直径約203×高さ約305mmだ。

photo

XMOD 3Dは935ドル(約10万3800円)で2018年11月の出荷を予定しているが、今のところアメリカのみ対応となっている。

XMOD 3DはKickstarterにて、1万9275ドル(約212万円)を目標に6月18日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る