新しいものづくりがわかるメディア

RSS


金属3Dプリンターの造形不具合を事前予測——金属3Dプリンター用シミュレーションツール「ANSYS Additive Print/ANSYS Additive Suite」

サイバネットシステムは、ANSYSの金属3Dプリンター用シミュレーションツール「ANSYS Additive Print」と「ANSYS Additive Suite」の国内販売と技術サポートを開始した。

photo

同社によると、金属3Dプリンターはエンジニアリング分野を中心に活用が広がっているが、設計どおりの形状を造形するためには、製造装置毎の造形方法を考慮し、サポート材除去後の変形や熱処理による形状の歪みなどに対処する必要があるという。

ANSYS Additive PrintおよびANSYS Additive Suiteは、レーザー粉末床焼結方式(PBF)に対応し、積層ごとの応力や変形、サポート材除去後の変形や熱処理による歪み、またプレート上の造形物の残留応力によるパーツの変形をシミュレーションすることによって事前に予測し、トライ&エラーの回数を削減、納期短縮を可能にするツールだ。

photo

変形をシミュレーションする機能に加えて、歪み補正済のSTLファイルを自動生成することもでき、強度不足にならず、除去時間が掛かり過ぎないような最適なサポート材の形状を作成する機能もある。

さらに、装置メーカーごとに異なるスキャンパターンを読み込んで熱挙動を把握し、歪み、欠陥の分布などを予測することも可能だ。

ANSYS Additive Printは設計者オペレータ向け製品、ANSYS Additive Suiteはエンジニア/研究者向けに、ANSYS Mechanical Enterpriseのアドオンライセンスとして提供する。価格は個別問い合わせとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る