新しいものづくりがわかるメディア

RSS


好きな色を2kgから注文可能——カスタムカラーフィラメント受注販売サービス「Color on Demand」

オランダの3Dプリンター向けフィラメントメーカーColorFabbが、注文に応じてカスタムカラーのPLAフィラメントを製造販売するサービス「Color on Demand」を開始した。

Color on Demand

これまでカスタムカラーのフィラメントを製造するには、1つの色につき最小発注量30~50kg必要だったが、普通のユーザーはそこまで大量に必要ではなく、かかるコストもかなり高額になるものだった。これに対し、新サービスColor on Demandでは、ユーザーはカスタムカラーのPLAフィラメントを最小発注量2kgで注文できる。

Color on Demand

フィラメントの色は、ヨーロッパなどで広く使われているカラーチャート「RAL CLASSIC」の色番号で指定する。

RAL(Reichs-Ausschuss für Lieferbedingungen)カラーはドイツで定められた色規格で、塗料やプラスチック、建築などの分野で活用されている。RALカラーには複数のカラーチャートがあり、最も広く使われているRAL CLASSICでは4桁の数字で色を表す。色番号は「RAL1001」のように表記し、全部で213色が定義されている。「RAL K5」や「RAL K7」などの色見本帳が市販されているので、見本帳で色を確認してから注文するのが確実だ。

Color on Demand

Color on Demandによるフィラメントの価格は、1スプール当たり2kgで75ユーロ(約9700円)。直径は1.75mmまたは2.85mmから選ぶ。日本への送料は、重量と発送方法によって変わるので確認が必要だ。納期は調色済みの色で5~8営業日、新規で調色する色は2~3週間だ。2018年6月8日時点で、40色が調色済みとなっている。

なお、Color on Demandは全て受注生産だが、Color on Demandとそれ以外の商品で在庫があるものとを一緒に注文した場合は、全商品まとめての出荷になる。Color on Demandは既に受注を開始しており、出荷開始は2018年6月下旬の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  6. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  7. Raspberry Pi 3にHATサイズのA+が登場——「Raspberry Pi 3 Model A+」
  8. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  9. シャフトドライブ、ノーパンクタイヤなどを採用——メンテナンスフリー自転車「Rich」
  10. micro:bitの作例を収録——技術評論社、「micro:bitであそぼう!たのしい電子工作&プログラミング」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る