新しいものづくりがわかるメディア

RSS


JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」

JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」がIndiegogoでクラウドファンディング中だ。

neonious one

neonious oneは、Espressif Systems製「ESP32-WROVER」モジュールベースの超小型IoTコントローラー。サイズ58×27mmという小さな基板に、I/Oピン27本、10/100Mbitイーサネットポート、micro USBポートを備え、JavaScriptでプログラミングできる。

neonious one

neonious oneの中核は、Node.jsのJavaScriptエンジンを「V8」から「Duktape」に変更し、埋め込み型デバイス用に小型化した「low.js」。Node.jsのシステムライブラリの一部を書き換えているが、全てのAPIが使える。neonious oneはIDE(統合開発環境)を搭載しており、ブラウザ上でプログラミングができる。トランスパイラーを使えば、ES6(ECMASCript 2015)やTypeScriptも実行可能だ。また、デバッガーも組み込まれている。

neonious one

neonious oneのベースとなっているESP32-WROVERは、デュアルコア、240MHz、4MB SPIフラッシュメモリ、PSRAM(疑似SRAM)搭載のSoC。「ESP-WROOM-32」と同様にWi-Fi(802.11b/g/n)やBluetooth機能を備えPCBアンテナが付いているが、技適マークが付されておらず技適を取得していない可能性があるので、日本国内での使用には注意が必要だ。

neonious oneの早期割引価格は、42ドル(約4600円)。出荷は2019年1月の予定で、日本への送料は13ドル(約1400円)だ。

neonious oneは2018年7月23日までクラウドファンディングを実施するが、2018年6月11日時点で目標額500ドル(約5万5000円)の4倍以上にあたる約2300ドル(約25万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  8. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  9. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る