新しいものづくりがわかるメディア

RSS


JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」

JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」がIndiegogoでクラウドファンディング中だ。

neonious one

neonious oneは、Espressif Systems製「ESP32-WROVER」モジュールベースの超小型IoTコントローラー。サイズ58×27mmという小さな基板に、I/Oピン27本、10/100Mbitイーサネットポート、micro USBポートを備え、JavaScriptでプログラミングできる。

neonious one

neonious oneの中核は、Node.jsのJavaScriptエンジンを「V8」から「Duktape」に変更し、埋め込み型デバイス用に小型化した「low.js」。Node.jsのシステムライブラリの一部を書き換えているが、全てのAPIが使える。neonious oneはIDE(統合開発環境)を搭載しており、ブラウザ上でプログラミングができる。トランスパイラーを使えば、ES6(ECMASCript 2015)やTypeScriptも実行可能だ。また、デバッガーも組み込まれている。

neonious one

neonious oneのベースとなっているESP32-WROVERは、デュアルコア、240MHz、4MB SPIフラッシュメモリ、PSRAM(疑似SRAM)搭載のSoC。「ESP-WROOM-32」と同様にWi-Fi(802.11b/g/n)やBluetooth機能を備えPCBアンテナが付いているが、技適マークが付されておらず技適を取得していない可能性があるので、日本国内での使用には注意が必要だ。

neonious oneの早期割引価格は、42ドル(約4600円)。出荷は2019年1月の予定で、日本への送料は13ドル(約1400円)だ。

neonious oneは2018年7月23日までクラウドファンディングを実施するが、2018年6月11日時点で目標額500ドル(約5万5000円)の4倍以上にあたる約2300ドル(約25万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る