新しいものづくりがわかるメディア

RSS


JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」

JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」がIndiegogoでクラウドファンディング中だ。

neonious one

neonious oneは、Espressif Systems製「ESP32-WROVER」モジュールベースの超小型IoTコントローラー。サイズ58×27mmという小さな基板に、I/Oピン27本、10/100Mbitイーサネットポート、micro USBポートを備え、JavaScriptでプログラミングできる。

neonious one

neonious oneの中核は、Node.jsのJavaScriptエンジンを「V8」から「Duktape」に変更し、埋め込み型デバイス用に小型化した「low.js」。Node.jsのシステムライブラリの一部を書き換えているが、全てのAPIが使える。neonious oneはIDE(統合開発環境)を搭載しており、ブラウザ上でプログラミングができる。トランスパイラーを使えば、ES6(ECMASCript 2015)やTypeScriptも実行可能だ。また、デバッガーも組み込まれている。

neonious one

neonious oneのベースとなっているESP32-WROVERは、デュアルコア、240MHz、4MB SPIフラッシュメモリ、PSRAM(疑似SRAM)搭載のSoC。「ESP-WROOM-32」と同様にWi-Fi(802.11b/g/n)やBluetooth機能を備えPCBアンテナが付いているが、技適マークが付されておらず技適を取得していない可能性があるので、日本国内での使用には注意が必要だ。

neonious oneの早期割引価格は、42ドル(約4600円)。出荷は2019年1月の予定で、日本への送料は13ドル(約1400円)だ。

neonious oneは2018年7月23日までクラウドファンディングを実施するが、2018年6月11日時点で目標額500ドル(約5万5000円)の4倍以上にあたる約2300ドル(約25万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る