新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホで電圧や抵抗をチェック——Bluetooth対応マルチメーター「Vion」

スマートフォン対応のスマートマルチメーター「ヴァイオン(Vion)」が、Makuakeにて出資を募っている。

ヴァイオンはBluetooth経由でスマートフォンに接続し、電圧(直流/交流)と抵抗を自動的に測定、音声ガイダンスで電気製品の故障を診断してくれる。

従来のマルチメーターでは故障判定のために幅広い電気知識が必要になるが、ヴァイオンでは複雑な知識は不要だ。陽極/陰極が色分けされている通常のマルチメーターとは異なり、ヴァイオンのプローブにはどちらの極にも適合するのが特徴だ。

既存のマルチメーターでは、ロータリースイッチを正確に配置する必要があるが、ヴァイオンの自動モードでは、ロータリースイッチ、ACスイッチ、抵抗など、いずれに配置しても測定できる。また、既存のマルチメーターと違いメーター本体や内部回路基板がないため、その分管理も手軽だ。

測定内容は、本体前部のLEDランプに表示される。赤はバッテリー/アダプター/直流、青はコンセント/照明器具/交流、緑は壊れた白熱光やプラグ/ヒューズ/抵抗をそれぞれ示している。また、Bluetooth接続待ち(青の点滅)など、現在の接続ステータスも確認できる。

Bluetooth接続により、自動/手動モード、各種ディスプレイ、詳細な製品故障解析、音声ガイダンス、ストレージ、測定対象機器の購入、およびその他の機能が可能。一度ペアリングが終われば、後は自動的に接続される。

測定値と結果は、リアルタイムでスマートフォンに記録されるため、メモなどは不要だ。

音声ガイダンス機能も搭載。複数言語に対応しており、現在は英語、スペイン語、フランス語、日本語が利用可能だ。

直流は9~600V、交流は50~500V、抵抗は20~2MΩまで測定可能だ。ダイオードテストは2V、対応周波数は30~300Hzだ。充電にはUSBポートを利用する。

予定販売価格は7800円(税込)。Makuakeでは、13%オフとなる6800円(税込)で購入できるプランなどを用意している。目標金額30万円に対し、2018年6月11日の時点で95万円以上が集まっている。出荷は2018年9月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る