新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Seeed、ユーブロックスの技術を用いたIoT開発ボード2種を発表

Seeedは、ユーブロックスのモジュールをコアとして採用した、IoT用の開発ボード2種を発表した。

1つめのボードは、セルラー通信とセルラーベースの測位サービスによって、Raspberry Piの機能を増強する「Raspberry Pi HAT」シリーズだ。

LARA-R2 LTEカテゴリー1モジュールシリーズを搭載しており、各社規格に対応した3種類のラインアップ(USA AT&T、USA Verizon、Europe)がリリースされる。価格は69ドル(約7500円)だ。

2つめのボードは、低消費電力の位置追跡装置の製作に不可欠なハードウェアを提供する「WIO LTE Cat M1/NB1 Tracker」だ。

Arduino IDEによるプログラミングの他、Espruino(JavaScript)にも対応している。 測位には複数のGNSS衛星からの信号を統合するMAX-M8Q GNSSモジュール、セルラーネットワークとの接続にはSARA-R4 LTEカテゴリーM1/NB1モジュールを使用する。

スタンドアロンボードをカスタマイズしてSeeedのサービスを通じて製造することにより、特定のニーズに合わせたソリューションを作成できる。価格は59ドル(約6400円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る