新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Seeed、ユーブロックスの技術を用いたIoT開発ボード2種を発表

Seeedは、ユーブロックスのモジュールをコアとして採用した、IoT用の開発ボード2種を発表した。

1つめのボードは、セルラー通信とセルラーベースの測位サービスによって、Raspberry Piの機能を増強する「Raspberry Pi HAT」シリーズだ。

LARA-R2 LTEカテゴリー1モジュールシリーズを搭載しており、各社規格に対応した3種類のラインアップ(USA AT&T、USA Verizon、Europe)がリリースされる。価格は69ドル(約7500円)だ。

2つめのボードは、低消費電力の位置追跡装置の製作に不可欠なハードウェアを提供する「WIO LTE Cat M1/NB1 Tracker」だ。

Arduino IDEによるプログラミングの他、Espruino(JavaScript)にも対応している。 測位には複数のGNSS衛星からの信号を統合するMAX-M8Q GNSSモジュール、セルラーネットワークとの接続にはSARA-R4 LTEカテゴリーM1/NB1モジュールを使用する。

スタンドアロンボードをカスタマイズしてSeeedのサービスを通じて製造することにより、特定のニーズに合わせたソリューションを作成できる。価格は59ドル(約6400円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  8. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  9. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る