新しいものづくりがわかるメディア

RSS


段ボールでロボットを作ろう——AIロボットカーキット「Smartibot」

段ボールで作るAIロボットカーキット「Smartibot」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Smartibotは、オブジェクト認識ができる「AIロボット」、飲み物を運べる「Teabot」、ユニコーン型の「Unicorn」の3タイプの中から自分で組み立てられるロボットカーキットだ。キットの内容は、プリント基板、段ボールパーツ、モーター×2、バッテリーボックスなどだ。

photo

AIロボットは、オブジェクト認識AI「YOLO」を搭載した専用アプリ対応のスマートフォンを取り付けることで、対象物を追いかけるなどの制御ができる。TeabotとUnicornは、スマホのアプリからリモートコントロールできる。

photo

プリント基板は、最大DCモーター×4、サーボモーター×10の制御ができ、オリジナルのロボットカーや2/4脚ロボット、ロボットアームの作製も可能だ。アプリでは、用意されたコントローラーエレメントを選ぶことで、ロボットに応じたコントローラーデザインのカスタマイズもできる。

photo

より高度な制御ができるよう、Scratchのようなビジュアルブロックを使ったプログラミングソフトウェアを開発中だとしている。バッテリーボックスには、単三電池4個を搭載できる。

photo

Smartibotは、今なら数量限定の早割価格30ポンド(約4400円)で入手できる。2018年12月の出荷を予定しており、日本への送料は5ポンド(約730円だ)。

photo

SmartibotはKickstarterにて、2018年7月31日までクラウドファンディングを実施中。6月28日時点で、1万ポンド(約145万円)の目標額に対し、約1万2000ポンド(約173万円)を集め目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る