新しいものづくりがわかるメディア

RSS


両面型が簡単に作れる——シリコンモールド作製キット「Project Mold」

シリコンモールド作製キット「Project Mold」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Project Moldは、シリコンモールドを簡単に作れる部品がすべて揃った作製キット。3~13インチ(約76~330mm)の型枠壁を用意しており、クリップで挟むだけでシリコンが漏れ出さないよう固定できる。

photo

型枠壁のサイズは、3インチ(約76mm)/5インチ(約127mm)/7インチ(約178mm)/9インチ(約229mm)/11インチ(約279mm)/13インチ(約330mm)の6種類があり、壁と底面をバインダークリップで固定しシリコンモールド作製用の型枠を組み立てればよい。

photo

小物部品として、材料を流し込むためのインレットや空気穴用のパーツ、漏斗、モールド同士をロックするためのスナップボタン、モールドの端を連結するスナップリップをつくれるロッキングエッジなど、両面型を簡単かつ失敗なく作るための部品がすべて揃っている。

photo パーティングラインをセンターにする場合
photo パーティングラインを端にもってくる場合

フレキシブル(柔軟)、リジット(強固)、低融点金属、チョコレートなどさまざまな材料に対応し、染料と混ぜれば好きな色の部品作りができる。また、パーティングラインを部品の中央に置いたり、端に置いたりする際のコツなども解説されている。

photo

Project Moldの価格は、3/5/7/9/11/13インチがそれぞれ、65ドル(約7200円)/70ドル(約7700円)/75ドル(約8300円)/80ドル(約8900円)/85ドル(約9400円)/90ドル(約1万円)。内容は、ウォール×4、ロッキングエッジ×4、フロア、バインダークリップ×10。スナップボタン×8、インレット×1、ベント×12、フロールートサイズ×4、漏斗が付属するパーツパックは60ドル(約6600円)で提供する。2018年12月の出荷を予定しており、日本への送料はすべて10ドル(約1100円)だ。

Project MoldはKickstarterにて、2018年9月25日までクラウドファンディングを実施中。8月14日時点で、5000ドル(約55万円)の目標額に対して約1500ドル(約17万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る