新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レオナルド・ダ・ヴィンチのアイデアを実現——ドローイングロボット「Da Vinci's Drawmaton」

レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿をヒントにしたドローイングロボット「Da Vinci's Drawmaton」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Da Vinci's Drawmatonは、メインのウッド製パーツと金属部品数点で組み立てるドローイングロボットキット。レオナルド・ダ・ヴィンチが残したデッサンやノートを編纂した手稿集のひとつ「アトランティコ手稿(Codex Atlanticus)」を研究し、絵が描けたとの噂もあるロボット騎士「メカニカルナイト(mechanical knight)」の機構にヒントを得て開発したとしている。

photo

Da Vinci's Drawmatonは、「The Robot」、「The Gambler」、「The Slayer」の3つのデザインを用意する。いずれもギアによって、ダビンチがぺタロス(petalos:花びらの意)と呼んだ2枚1組のディスクを動かし、その外周を作用点としてロボットアームが動くことで決められたデザインを一筆書きするというものだ。

photo

ペタロスは、イラスト情報を記憶させ、ロボットに読み込ませるROMとして機能するというコンセプトだ。オリジナルのデザインを元に、ペタロスを描き出すソフトウェアも開発中とのことだ。

photo
photo
photo

The Robot/The Gambler/The Slayerは、今なら早割価格99ドル(約1万1200円)/109ドル(約1万2300円)/119ドル(約1万3400円)で入手できる。いずれもディスク2組が付属し、2つのデザインが描ける。2019年6月の出荷を予定しているが、今のところアメリカとヨーロッパの一部のみの出荷に対応する。

photo

Da Vinci's Drawmatonは、2018年12月20日までクラウドファンディングを実施中。11月19日時点で、1万5000ドル(約169万円)の目標額に対して約1万3000ドル(約146万円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. お座りや伏せができる——リアルな犬のアクションフィギュア「スタイリッシュ ワンワン」
  3. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  4. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  5. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. KiCad 5.1攻略本が付属——CQ出版、「トランジスタ技術2019年8月号」発刊へ
  8. LED線光線で高精細スキャンニング——ジュエリー用3Dスキャナー「D3D-s」
  9. 「企業内メイカースペースは、社内外の垣根を越え、つながりを作る」Microsoft、Googleの取り組み
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る