新しいものづくりがわかるメディア

RSS


安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

武藤工業は、同社のデスクトップ3Dプリンター「Value3D MagiX」シリーズ最小のエントリーモデルとなるFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」を発売した。

photo

MF-800は、教育機関をはじめ個人や中小企業などを中心に広く利用されることを想定。最大造形サイズ200×200×170mmを確保しながら、外形寸法をテーブルなどにも設置可能な364×348×480mmの小型サイズに抑えた。

photo

教育機関で複数の学生が利用する場合などを想定してPCから離れた場所に設置できるよう、本体に挿入したSDカードでデータを読み込んで本体から直接操作することも可能だ。初心者でも扱いやすいよう、制御ソフト「日本語版 Pronterface」、スライサーソフト「日本語版 Slic3r」/「日本語版 Cura」とローカライズド版を用意している。

photo

造形テーブルの平行度や凸凹を自動補正するための「Z プローブ」を搭載。ヘッド交換時の高さ補正も不要だ。造形テーブルはヒーター付きで最大100℃まで加温できる。マグネット定着シートが標準で付属しているため、造形物を簡単に取り外すことができる。

photo

その他の仕様は、積層ピッチ50~300μm、最大ノズル温度250℃、本体重量は約14kgだ。使用材料はPLAおよびABS-HGで、提供フィラメントをPLA(白、黒、クリア)とABS-HG(白)の各1㎏に限定することで価格を抑えた。

photo

本体価格は22万円(税別)。また、教育機関向けにはオプションで有償サポートパック「アカデミーサポートパック」も用意されている。なお、初年度で年間500台の販売を見込んでいる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  5. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  6. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  7. プラズマカッター/CNCルーター両用CNCマシン「Mega V」
  8. ジンズ、3Dプリント技術を使ったサングラス「Neuron4D」発売
  9. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る