新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オン・セミコンダクター、IoTアプリ向けのRSL10センサー開発キットを発表

オン・セミコンダクターは、IoTアプリケーション開発向けのRSL10センサー開発キット(型番:RSL10-SENSE-GEVK)を発表した。

この開発キットは最先端のセンサー技術と、低消費電力のBluetooth Low Energy SoCを使用して、IoTアプリケーションの開発を支援する包括的プラットフォームだ。ウェアラブルデバイスやアセットモニタリング、スマートセンシングなどのIoTアプリケーション開発に利用できる。

Bluetooth 5認証済みのRSL10システムインパッケージ(RSL10 SIP)をベースに、Bosch Sensortecの低電力センサー製品シリーズ(BME680 温湿度/気圧/ガスセンサー、BMM150 3軸デジタル地磁気センサー、BHI160 3軸加速度/ジャイロセンサー)など、複数のセンサーを搭載。

定常光、揮発性有機化合物(VOC)、圧力、相対湿度、温度などの検出や、環境のモニタリングが可能だ。

また、ユーザーがプログラミング可能なRGB LEDやプッシュボタン式スイッチ×3、EEPROM(64KB)に加え、超低ノイズのデジタルマイクも搭載している。

開発者はRSL10センス&コントロールアプリを使用して開発キットに接続し、センサーのモニタリングやキットの機能評価などを実行できる。クラウドサービスへの接続もサポートしており、AWS、IBM、Azureなど複数のクラウドサービスにアプリ経由で接続可能だ。

RSL10-SENSE-GEVK(ベースバージョン)と、RSL10-SENSE-DB-GEVK(デバッグバージョン)の2タイプをラインアップ。どちらのバージョンにもコイン電池(CR2032)とNFCアンテナが付属する。

デバッグバージョンにはデバッグヘッダー(10ピン端子)が実装されており、ヘッダー接続用のデバッグツール(Segger J-Link LITE CortexM)も同梱される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る