新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オン・セミコンダクター、IoTアプリ向けのRSL10センサー開発キットを発表

オン・セミコンダクターは、IoTアプリケーション開発向けのRSL10センサー開発キット(型番:RSL10-SENSE-GEVK)を発表した。

この開発キットは最先端のセンサー技術と、低消費電力のBluetooth Low Energy SoCを使用して、IoTアプリケーションの開発を支援する包括的プラットフォームだ。ウェアラブルデバイスやアセットモニタリング、スマートセンシングなどのIoTアプリケーション開発に利用できる。

Bluetooth 5認証済みのRSL10システムインパッケージ(RSL10 SIP)をベースに、Bosch Sensortecの低電力センサー製品シリーズ(BME680 温湿度/気圧/ガスセンサー、BMM150 3軸デジタル地磁気センサー、BHI160 3軸加速度/ジャイロセンサー)など、複数のセンサーを搭載。

定常光、揮発性有機化合物(VOC)、圧力、相対湿度、温度などの検出や、環境のモニタリングが可能だ。

また、ユーザーがプログラミング可能なRGB LEDやプッシュボタン式スイッチ×3、EEPROM(64KB)に加え、超低ノイズのデジタルマイクも搭載している。

開発者はRSL10センス&コントロールアプリを使用して開発キットに接続し、センサーのモニタリングやキットの機能評価などを実行できる。クラウドサービスへの接続もサポートしており、AWS、IBM、Azureなど複数のクラウドサービスにアプリ経由で接続可能だ。

RSL10-SENSE-GEVK(ベースバージョン)と、RSL10-SENSE-DB-GEVK(デバッグバージョン)の2タイプをラインアップ。どちらのバージョンにもコイン電池(CR2032)とNFCアンテナが付属する。

デバッグバージョンにはデバッグヘッダー(10ピン端子)が実装されており、ヘッダー接続用のデバッグツール(Segger J-Link LITE CortexM)も同梱される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る