新しいものづくりがわかるメディア

RSS


6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売

XSHELLは、デアゴスティーニ・ジャパンと提携し、XSHELLがこれまで提供してきたIoTエンジニア養成キットを、個人向けにカスタマイズした学習プログラム「本気で学ぶIoT」を発売した。

同プログラムは、XSHELLが過去に400人以上の一部上場企業のエンジニア、SE、コンサルタントや、100名以上の専門学生などに実施した勉強会のノウハウを元に開発されたものだ。毎月届く教材とオンラインテキストによって構成され、全6カ月にわたって学習する。

同プログラムでは、センサーから環境情報をデジタル値として取得する「データ収集」、集めたデータから特定のポイントを見つけ出す「ドリガー」、そしてそれを動作としてアウトプットする「アクション」というIoTの3大要素を軸に、段階的にスキルアップできるよう構成されている。

1カ月目は、Raspberry Piを使ったセンシングとグラフ化、またRaspberry Piの基本操作などを学ぶ。2カ月目以降、順次LEDディスプレイの制御方法や画像解析、通信方法などを学習し、最終の6カ月目には、これまで学んできた内容を組み合わせてIoTソリューションを構築する。

Raspberry Piや各回で使用するセンサーなどは、毎月必要なタイミングで届けられる。

開講は2019年4月末を予定しており、価格は1カ月あたり4万5000円、全6カ月分一括前払い価格が25万6500円(いずれも税別)だ。申し込みは先着100名限定で、デアゴスティーニ・ジャパンのサイトで2019年3月21日まで受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る