新しいものづくりがわかるメディア

RSS


6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売

XSHELLは、デアゴスティーニ・ジャパンと提携し、XSHELLがこれまで提供してきたIoTエンジニア養成キットを、個人向けにカスタマイズした学習プログラム「本気で学ぶIoT」を発売した。

同プログラムは、XSHELLが過去に400人以上の一部上場企業のエンジニア、SE、コンサルタントや、100名以上の専門学生などに実施した勉強会のノウハウを元に開発されたものだ。毎月届く教材とオンラインテキストによって構成され、全6カ月にわたって学習する。

同プログラムでは、センサーから環境情報をデジタル値として取得する「データ収集」、集めたデータから特定のポイントを見つけ出す「ドリガー」、そしてそれを動作としてアウトプットする「アクション」というIoTの3大要素を軸に、段階的にスキルアップできるよう構成されている。

1カ月目は、Raspberry Piを使ったセンシングとグラフ化、またRaspberry Piの基本操作などを学ぶ。2カ月目以降、順次LEDディスプレイの制御方法や画像解析、通信方法などを学習し、最終の6カ月目には、これまで学んできた内容を組み合わせてIoTソリューションを構築する。

Raspberry Piや各回で使用するセンサーなどは、毎月必要なタイミングで届けられる。

開講は2019年4月末を予定しており、価格は1カ月あたり4万5000円、全6カ月分一括前払い価格が25万6500円(いずれも税別)だ。申し込みは先着100名限定で、デアゴスティーニ・ジャパンのサイトで2019年3月21日まで受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイ×ArduinoでI/O! LabVIEWコンピュータプログラム集」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  6. 新しい金属3Dプリント手法を開発——超音波で合金を強化
  7. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  10. トップデザイナーの脳内覗いてみちゃう??——「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」(六本木)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る