新しいものづくりがわかるメディア

RSS


6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売

XSHELLは、デアゴスティーニ・ジャパンと提携し、XSHELLがこれまで提供してきたIoTエンジニア養成キットを、個人向けにカスタマイズした学習プログラム「本気で学ぶIoT」を発売した。

同プログラムは、XSHELLが過去に400人以上の一部上場企業のエンジニア、SE、コンサルタントや、100名以上の専門学生などに実施した勉強会のノウハウを元に開発されたものだ。毎月届く教材とオンラインテキストによって構成され、全6カ月にわたって学習する。

同プログラムでは、センサーから環境情報をデジタル値として取得する「データ収集」、集めたデータから特定のポイントを見つけ出す「ドリガー」、そしてそれを動作としてアウトプットする「アクション」というIoTの3大要素を軸に、段階的にスキルアップできるよう構成されている。

1カ月目は、Raspberry Piを使ったセンシングとグラフ化、またRaspberry Piの基本操作などを学ぶ。2カ月目以降、順次LEDディスプレイの制御方法や画像解析、通信方法などを学習し、最終の6カ月目には、これまで学んできた内容を組み合わせてIoTソリューションを構築する。

Raspberry Piや各回で使用するセンサーなどは、毎月必要なタイミングで届けられる。

開講は2019年4月末を予定しており、価格は1カ月あたり4万5000円、全6カ月分一括前払い価格が25万6500円(いずれも税別)だ。申し込みは先着100名限定で、デアゴスティーニ・ジャパンのサイトで2019年3月21日まで受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る