新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M250ガスタービンエンジンによる航空機用ハイブリッド推進システムの地上試験に成功 ロールスロイス

ロールスロイスは2019年3月14日、主としてヘリコプターに搭載されているM250ガスタービンエンジンを利用した航空機用ハイブリッド推進システムの地上試験を実施したことを発表した。2021年に試験飛行を計画する宇宙航空用ハイブリッドタービンエンジンの開発の一環として行われたもので、シリーズハイブリッド、パラレルハイブリッド、ターボ・エレクトリックの3つの運転モードで実施した。

このハイブリッド電気推進システムは、M250ガスタービンエンジンと高エネルギー密度バッテリーシステム、発電機、電力変換器、電力管理/制御システムを統合したもの。500kWから1MWまでの電力を供給でき、ハイブリッド電気垂直離着陸機(EVTOL)、一般航空機、ハイブリッドヘリコプターなどへの搭載が想定されている。

シリーズハイブリッドでは、ガスタービンエンジンは直接的な推進力には寄与せず、バッテリーシステムを充電するターボジェネレータとして動作する。補機用の電力はバッテリーから供給される。パラレルハイブリッドでは、推力に必要な電力はガスタービンエンジンとバッテリーの組み合わせによって供給され、補機用電力はバッテリーから供給される。ターボ・エレクトリックモードでは、ガスタービンエンジンは純粋な発電機として作動し、推進力と補機用電力の両方を供給し、バッテリーは補助的なシステムとなる。

今回のテストでは、ハイブリッドエンジンの各コンポーネントとサブシステムの電気的性能が個別に評価された。離陸、巡航、着陸、タキシングにわたるシミュレーションの結果、航続距離1000マイル(約1600キロ)、最大重量2000kgの航空機を含むプラットフォームに対してシステムが適合することが確認された。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る