新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ZETAの普及拡大を推進——ACCESSと凸版印刷、ZETA対応IoTデバイス開発で協業

ACCESSと凸版印刷は、ZETA対応IoTデバイス開発で協業し、ZETAの普及拡大を推進すると発表した。

ACCESSは、GPSを活用して位置情報を監視する「GPSトラッカー」(ZETA版)、カメラで位置情報を捉えAI解析する「IoTカメラ」(ZETA版)を開発し、IoTサービス向けLPWAソリューションとして今夏から提供を開始する。

両機種のZETAへの対応は、凸版印刷のZETA通信モジュールを採用している。ZETAでのデータ送受信により、通信設備不要で約2~10kmの長距離通信が可能だ。

ZETAは、ZiFiSenseが開発した低電力でメッシュネットワークを構築可能な次世代LPWA規格だ。電池駆動の中継器を用いて、920MHz帯でメッシュネットワークを構築し、広範なエリアをカバーできる。

GPSトラッカー(ZETA版) 筐体イメージ

GPSトラッカー(ZETA版)は、GPS機能で捉えた人やモノ、動物などの位置情報を、ZETA網を介して遠隔地から把握/監視するソリューションだ。

対応測位衛星はGPS/QZSS/Galileo/BeiDou/GLONASS。スマホやWebからのダウンリンク指示にてGPS起動を命令し、必要な時だけ位置情報を把握することで、低消費電力化を図った。

電源には非発火型Li-Po2次電池を採用。加速度センサー/気圧センサーも搭載されており、環境変化をトリガーとしたGPS起動も可能だ。

IoTカメラ(ZETA版) 筐体イメージ

IoTカメラ(ZETA版)は、人やモノの位置情報をカメラ機器上で取得/認識/データ化し、ZETA網でクラウドへ送信、遠隔地からの管理を可能とするソリューションだ。

64×64低解像度CMOS赤外線カメラにより、必要最低限のデータのみをアップロードできることも強みで、不要なデータによる通信コストの増大を回避できる。また、NetFront EdgeAI画像認識モデルにより、エッジ側で画像認識AI処理を実行することで、サーバー負荷の低減を図った。

電源には単3電池を採用し、電源設備は不要だ。

本体サイズはGPSトラッカー(ZETA版)が60×60×17mm、IoTカメラ(ZETA版)が90×60×25mmで、どちらも防水性能を備えている(IPX5)。プログラマブルFPGAにより、対応サービスごとに解析モデルを適用できる。オプションとして、クラウド連携および管理画面も提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る