新しいものづくりがわかるメディア

RSS


exiii、触覚デバイスの新バージョン「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」提供開始

exiiiは、手首に装着する触覚デバイス「EXOS」の新バージョン「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」の提供を開始した。新たに、指先の位置追跡と掌への力触覚フィードバック機能が追加されている。

photo

同社は、2018年10月に、簡易的な触覚体験を目的とした「EXOS Wrist DK2」を発売。今回発売したXOS Wrist Hand Tracking Editionは、そのEXOS Wrist DK2をベースに指先の位置追跡(ハンドトラッキング)と力触覚フィードバックを組み合わせている。

photo

特にハンドトラッキングはユーザーからの要望が多く、これを採用することで、自分の手の感覚に近い自然なインタラクションが可能になったという。このハンドトラッキングは、手袋型や光学式を採用した既存の他社技術との組み合わせによって実現している。

同社は、設計中の製品と人の動きなどとの関係を、できるだけ早い段階で検証したいというニーズを持つ製造業に対して、XOS Wrist Hand Tracking Editionで得られるさまざまな手の動きや状態の3Dデータを試してほしいとしている。

なお、ハンドトラッキングを組み合わせたEXOSのデモを受け付けているとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る