新しいものづくりがわかるメディア

RSS


作図ルールと基本機能から短期習得できる——ソーテック社、「はじめて学ぶ AutoCAD LT 作図・操作ガイド」発刊

ソーテック社は、AutoCAD LTを初めて使う人でも、無理なく作図ルールと基本機能を習得できるように、分かりやすい言葉で手順を追って解説している「はじめて学ぶ AutoCAD LT 作図・操作ガイド」を発刊する。

本書では、作図を体験できるように例図を使い、作図過程を再現しながら解説しており、説明を読みながら実際に描いてみることで、より理解度がアップするという構成になっている。一通り作図の流れが把握できたら、平面図の製図に挑戦することができ、多くのシチュエーションで作図を経験することで、習得までの時間が短縮できるとしている。

AutoCAD LTの基本操作から説明が始まり、図形の描画や編集、画層の管理と操作、文字と寸法線の入力、レイアウトとペーパー空間、印刷などの基本動作が解説され、効率よく作業する方法などにも触れられている。

AutoCAD LTは、機能が多く色々なことができるが、基本機能、設定方法、作図ルールを先にしっかりマスターしておくことが習得の近道で、本書は数多くの初心者向けスクールのセミナーや専門学校の授業で採用されているという。

説明には、AutoCAD LT2020を使っているが、LT 2019、2018、2017、2016、2015のユーザーでも、同じように操作を進めることができる。

著者は鈴木孝子氏。B5変形判296ページで、本体価格は2380円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る