新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LoRaWAN/Wi-Fiに対応——菱洋エレクトロ、「IoTシステムPoC用 Node Module」を開発

菱洋エレクトロは、LoRaWAN/Wi-Fiに対応した「IoTシステムPoC用 Node Module」を開発した。

各種センサーに対応したベースボード、LoRaWAN/Wi-Fiに対応した機能モジュールの2ユニット構成。十数種類のGroveセンサーに対応しており、ソフトウェア開発無しで複数センサーのデータを取得できる。 センサーアプリソフトウェアを実装しているので、接続するだけでセンシング動作が可能だ。

汎用コネクターを搭載。PoC途中でもセンシング機能を変更/追加できるため、PoCの段階で要件が決まっていなくても利用できる。

バッテリー駆動、外部電源の両方に対応し、バッテリー駆動では約1年の連続使用が可能だ (利用環境により変化)。 なお、LoRaWAN対応品は、村田製作所のCMWX1ZZABZ-078を採用している(Semtech/SX1276、ST/STM32L0シリーズ搭載品)。

システム利用例として、同社は流通小売店舗の冷蔵庫装置温度管理や、製造機器の稼働監視/故障予知、さらにはビニールハウスの温湿度管理などを挙げている。 今後は幅広い層のニーズを受けて、防塵/防水/防滴タイプも開発予定だ。

本体寸法は70×35×105mm。LoRaWANの周波数範囲は860~930MHz、Wi-Fiは2.4GHz(IEEE802.11 b/g/n)に対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る