新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LoRaWAN/Wi-Fiに対応——菱洋エレクトロ、「IoTシステムPoC用 Node Module」を開発

菱洋エレクトロは、LoRaWAN/Wi-Fiに対応した「IoTシステムPoC用 Node Module」を開発した。

各種センサーに対応したベースボード、LoRaWAN/Wi-Fiに対応した機能モジュールの2ユニット構成。十数種類のGroveセンサーに対応しており、ソフトウェア開発無しで複数センサーのデータを取得できる。 センサーアプリソフトウェアを実装しているので、接続するだけでセンシング動作が可能だ。

汎用コネクターを搭載。PoC途中でもセンシング機能を変更/追加できるため、PoCの段階で要件が決まっていなくても利用できる。

バッテリー駆動、外部電源の両方に対応し、バッテリー駆動では約1年の連続使用が可能だ (利用環境により変化)。 なお、LoRaWAN対応品は、村田製作所のCMWX1ZZABZ-078を採用している(Semtech/SX1276、ST/STM32L0シリーズ搭載品)。

システム利用例として、同社は流通小売店舗の冷蔵庫装置温度管理や、製造機器の稼働監視/故障予知、さらにはビニールハウスの温湿度管理などを挙げている。 今後は幅広い層のニーズを受けて、防塵/防水/防滴タイプも開発予定だ。

本体寸法は70×35×105mm。LoRaWANの周波数範囲は860~930MHz、Wi-Fiは2.4GHz(IEEE802.11 b/g/n)に対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る