新しいものづくりがわかるメディア

RSS


構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Mola Structural Kit 3は、スプリングを使った柱やジョイント、ケーブルなど使い、橋梁などさまざまな建築物を再現できるモデリングキット。付属のステップバイステップガイド(ポルトガル語/英語)を参照しながら組み立て、建物の構造を学習できる。

photo 圧縮材(柱)が互いに接続されておらず、柱の両端の張力材(ケーブル)とバランスしているテンセグリティ構造。

ラーメンやトラス、吊り橋など基本的な建築構造から、張力と圧縮力の均衡が取れた特殊なテンセグリティ構造などのモデリングが可能だ。コンパクトかつシンプルな構成ながら、本格的に実際の構造物の特徴を無限のコンビネーションでシミュレートできるとしている。

photo

キットの内容は、グラウンドプレート×2、カッターツール、コネクション×18、リジッドコネクション×12、グラウンドコネクション×8、ケーブル3m、ケーブルコネクション×24、ケーブルライナージョイント×20、ケーブル垂直ジョイント×60、ケーブルリング(小)×20、ケーブルリング(中)×6、補強バー(B6)×3、補強バー(B12)×6 、バー(B6)×30、バー(B12)×9、ダイアゴナル(D6×6)×9、ダイアゴナル(D6×12)×9、ステップバイステップガイド。

photo

カッターツールでケーブルをカットして、長さを調整できる。また、スプリングのバーは補強バーを芯にすることで剛性を変えることが出来る。

photo

Mola Structural Kit 3は、今なら数量限定の早割価格129ドル(約1万4100円)で入手できる。2020年3月の出荷を予定しており、日本への送料は49ドル(約5370円)だ。

photo

Mola Structural Kit 3は、2019年6月14日までクラウドファンディングを実施中。6月11日時点で、10万ドル(約1095万円)の目標額を大きく上回る約26万ドル(約2800万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」
  2. CQ出版、「ラズパイで作る ブロックチェーン暗号コンピュータ」を刊行
  3. Raspberry Piで電子工作を楽しもう——ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版」発刊
  4. 枝豆の選別とキュウリの等級判別でディープラーニング開発を体験——CQ出版が「IT農家のラズパイ製ディープ・ラーニング・カメラ」を刊行
  5. 市販部品を集めてCNCを自作しよう——3軸縦型CNCフライス「ALIUS」プロジェクト
  6. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  7. 太陽光で二酸化炭素をクリーンな燃料に変える——人工光合成向けの触媒を開発
  8. エレクトロニクスの「回路観」を身につける——オライリー・ジャパン、エレクトロニクスの入門書「Make: Electronics 第2版」発刊
  9. DJI出身のスタートアップECOFLOW——2.8億円を集めた大容量バッテリーとは
  10. サンワサプライ、トルク調整機能付ペン型電動精密ドライバー「800-TK045」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る