新しいものづくりがわかるメディア

RSS


構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Mola Structural Kit 3は、スプリングを使った柱やジョイント、ケーブルなど使い、橋梁などさまざまな建築物を再現できるモデリングキット。付属のステップバイステップガイド(ポルトガル語/英語)を参照しながら組み立て、建物の構造を学習できる。

photo 圧縮材(柱)が互いに接続されておらず、柱の両端の張力材(ケーブル)とバランスしているテンセグリティ構造。

ラーメンやトラス、吊り橋など基本的な建築構造から、張力と圧縮力の均衡が取れた特殊なテンセグリティ構造などのモデリングが可能だ。コンパクトかつシンプルな構成ながら、本格的に実際の構造物の特徴を無限のコンビネーションでシミュレートできるとしている。

photo

キットの内容は、グラウンドプレート×2、カッターツール、コネクション×18、リジッドコネクション×12、グラウンドコネクション×8、ケーブル3m、ケーブルコネクション×24、ケーブルライナージョイント×20、ケーブル垂直ジョイント×60、ケーブルリング(小)×20、ケーブルリング(中)×6、補強バー(B6)×3、補強バー(B12)×6 、バー(B6)×30、バー(B12)×9、ダイアゴナル(D6×6)×9、ダイアゴナル(D6×12)×9、ステップバイステップガイド。

photo

カッターツールでケーブルをカットして、長さを調整できる。また、スプリングのバーは補強バーを芯にすることで剛性を変えることが出来る。

photo

Mola Structural Kit 3は、今なら数量限定の早割価格129ドル(約1万4100円)で入手できる。2020年3月の出荷を予定しており、日本への送料は49ドル(約5370円)だ。

photo

Mola Structural Kit 3は、2019年6月14日までクラウドファンディングを実施中。6月11日時点で、10万ドル(約1095万円)の目標額を大きく上回る約26万ドル(約2800万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る