新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piに最大5枚の拡張基板を接続——「ラズベリーパイ専用GPIO スタック拡張ボード」

ビット・トレード・ワンは、Raspberry Piに最大5枚の拡張基板を接続できるようにする「ラズベリーパイ専用GPIO スタック拡張ボード」を、2019年7月10日に発売する。

photo

ラズベリーパイ専用GPIOスタック拡張ボードは、5スロットのGPIOピンを搭載。2スロットがHATサイズ、3スロットがpHATサイズに対応している。同社の「ゼロワン」シリーズ等のRaspberry Pi用拡張基板を複数増設するのに適したボードだ。

サポートするRaspberry Piは、「Raspberry Pi Zero WH」、「Raspberry Pi 3B」などで、拡張ボードのDCコネクターからRaspberry Pi本体およびすべての拡張基板に給電することができる。ただし給電は排他で、DCコネクターを使う場合はUSBからの給電はできない。

また、Groveシステム(I2C/UART)対応のコネクターを搭載しており、市販の同システム対応のサーボやセンサー、アクチュエーターなどを活用できる。

サイズは152×127×13mm(突起部含まず)で重さが約100gで、価格はオープン価格(市場想定売価2980円前後)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る