新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」

自動でゴミ袋をシールし、交換してくれるスマートゴミ箱「townew」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

townewは、赤外線センサーを使い、手をかざすと自動で蓋を開ける自動開閉式ゴミ箱だ。さらに3秒間ボタンを長押しすると自動でゴミ袋の口をシールして臭いを閉じ込めたり、カートリッジ式で新しい袋と自動交換する機能を備えている。

photo

ゴミ箱本体はシンプルなミニマルデザインで、赤外線モーションセンサーを搭載し、最長350mmまで人の動きを検知可能で、自動でフタを開閉する。ゴミは15.5Lまで収納でき、嫌な臭いを内部に閉じ込め外に漏らさないサーモプラスチックシーリング技術を採用する。防水/防湿性を備えるため、生ごみやオムツなどのゴミでも大丈夫とのこと。

photo

さらに、ゴミが一杯でフタが閉まらなくなっても、トップコンパートメント全体を持ち上げてゴミ袋を閉じることができる機能を備える。2000mAの充電式バッテリーは、約10時間のフルチャージで約1カ月持続する。

photo

townewのサイズは280×240×402mmで、重さは3.5kg。本体は丈夫で汚れにも強いABS製で、ゴミ袋はリサイクル可能なポリエチレン製だ。交換式のリフィルカートリッジひとつにつき、約1カ月分の25袋入っている。

photo

townewの予定小売価格は約1万6088円で、今なら数量限定の早割価格約7629円で入手できる。色はティールかホワイトから選べ、リフィルカートリッジ4つが付属する。2019年9月の出荷を予定しているが、今のところアメリカとカナダのみの出荷に対応する。

townewは、2019年7月中旬までクラウドファンディングを実施中。7月8日時点で、約166万円の目標額を大きく上回る約944万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  3. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  4. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  5. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  8. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る