新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ポジティブワン、Jetson Nano用オリジナルキャリアボードの回路設計、基板設計、製造サービス開始

ポジティブワンは、Jetson Nanoシステムオンモジュールを利用したシステムを構築するためのオリジナルキャリアボードの回路設計、基板設計、製造サービスを開始した。

Jetson Nanoは、Nvidiaの最新の機械学習開発プラットフォームだ。オリジナルのJetson TX1は、256 CUDAコアを搭載した1024 GFLOPのMaxwell GPUを使用していたが、Jetson Nanoは同じプロセッサの縮小版を使用し、エントリー価格を引き下げている。ブートログによると、Jetson NanoはMaxwell GPUと同じ第2世代のGM20Bを搭載しているが、CUDAコアは半分だ。

Nvidiaには、Nanoを含むすべてのJetsonプラットフォームで動作するオープンソースプロジェクトがあり、オブジェクト認識とオブジェクト検出を含む様々な機械学習技術を例示している。物体認識ニューラルネットワークは約1000個のレパートリーを持ち、静止画像やカメラフィードからのライブでも機能する。カメラからのライブで実行する場合、オブジェクト認識デモは約17fpsで処理(およびラベル付け)、顔を検索するオブジェクト検出デモは約10fpsで実行する。

Jetson Nanoには、スモークパーティクルシミュレーション、マンデルブロレンダリング、健全な量のガウスぼかし、jpegエンコード、フォグシミュレーションなど、CUDAのデモが多数集められていて、IDソフトウェアからオープンソースでリリースされたさまざまな3Dエンジンをベースにしたもののような、3Dゲームを実現することも可能だ。

Khronos OpenVX標準を実装および拡張し、Jetson Nanoを含むCUDA対応のGPUやSOC用に最適化されたコンピュータービジョン用のNvidiaのSDKであるVisionworksも用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る