新しいものづくりがわかるメディア

RSS


距離計、水準器、墨出しの機能をひとつに——ポータブルレーザー計測器「MarkOne」

距離計、水準器、墨出しの機能をひとつにしたポータブルレーザー計測器「MarkOne」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

MarkOneは、測定範囲40mのレーザー距離計と、投影距離1mのラインプロジェクターをそれぞれ2台、および水準器を搭載。水準器として使うときは、2.4インチタッチスクリーンに仮想バブルが表示される。距離と水平が同時に計測できるほか、体積や面積の算出もできる。距離計の精度は±1mm。

photo

鉛筆も収納できるようになっていて、計測をしたその場で鉛筆を取り出して、印をつけてしまうまでの一連の動作がスムーズに行える。

photo

Bluetooth内蔵。モバイルアプリは現在対応していないが、オープンソースプロジェクトを通してアプリを共有、開発するコミュニティを作成したいとしている。

大きさは、170×67×32mm。ボディの色は2色、パネルの色は5色の中から選べる。

photo

早割価格は約1万9000円。出荷は2019年10月の予定で、日本への送料は無料だ。

MarkOneは、目標額約380万円で2019年8月中旬までクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  4. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  5. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発
  9. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  10. PSoCで電子回路を集積してみよう——CQ出版、サイプレスのPSoCを搭載する「トラ技電子回路クリエイタ「TSoC」コンプリート・キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る