新しいものづくりがわかるメディア

RSS


太陽光を受けて宇宙を進む帆船——ソーラーセイル「LightSail 2」打ち上げ成功

Planetary Society(惑星協会)は2019年6月25日、「LightSail 2」を載せたSpaceXの「Falcon Heavy」が打ち上げに成功したと発表した。うまくいけば、地球周回軌道を航行する初めてのソーラーセイル宇宙船となる。

惑星協会は1980年に、Carl Sagan、Bruce Murray、Louis Friedmanの3氏が設立。「3人は世界中の人々に宇宙科学と宇宙探査を進める力を与えるために協会を設立した」と、CEOのBill Nye氏は語る。ソーラーセイル宇宙船を利用した宇宙の探索は、Carl Sagan教授が思い描いていた夢でもある。

LightSail 2の特徴はなんと言っても、その推進方法だ。太陽光の光子を帆で反射させ、その運動量を推進力に変えて航行する。ソーラーセイルの大きさは5.6×5.6m、反射率の高いポリエステルフィルム製で、厚さはわずか4.5μmと人間の髪の毛より薄い。

LightSail 2は、2019年7月2日に「Prox-1」衛星から放出される。動作チェックを数日行った後、いよいよソーラーセイルを広げる。太陽からペーパークリップの重さ程度の力を受けながら、約1年の間、地球の上空720kmを周回する予定だ。

今回の打ち上げは米国防総省のSTP-2計画によるもので、Falcon Heavyロケットには24機の人工衛星が搭載されている。LightSail 2をはじめ、NASAのグリーン燃料を使った推進システム「GPIM」など、様々なミッションを予定している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  2. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  3. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  4. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」
  9. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る