新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売

スイッチサイエンスは、M5Stack製のAIカメラ「M5StickV」およびSipeed製のAI開発ボード「Sipeed Maix」シリーズの取り扱いを開始、2019年7月5日から順次発売することを発表した。

M5StickVは、Kendryte製のK210 RISC-Vデュアルコアプロセッサーを搭載。高性能ニューラルネットワークプロセッサ(KPU)とデュアルコア64bit RISC-V CPUによって、安価かつ高いエネルギー効率で高性能な画像処理を行うことができるという。

コンパクトな筐体内に、OmniVision製のOV7740カメラ、スピーカー、マイク、135×240のTFT液晶、ジャイロスコープ、リチウム電池、およびTFカードスロットを格納。高感度イメージセンサーOV7740の他にオーディオプロセッサーを搭載しており、画像認識の他に音声認識にも対応する。また、GROVE互換のコネクタによる拡張も可能だ。SipeedのMicropython環境「MaixPy」をプリインストールしているので、Sipeed Maixシリーズと同じ開発環境を使用することができる。

photo

Sipeed Maixシリーズは、K210 RISC-Vデュアルコアプロセッサーを搭載したAI開発ボードだ。標準サイズの「Sipeed Maix M1 Dock」、コンパクトサイズの「Sipeed Maix Bit」、およびESP32を搭載し無線LAN通信が可能な「Sipeed Maixduino」の3種類から販売を開始する。

同シリーズはMEMSマイク、カメラ、および2.4インチ液晶を同梱。機械学習における推論モデルの実行が可能だ。Micropython環境「MaixPy」をプリインストールしており、Arduino IDEやOpenMV、KendryteスタンドアロンSDKを用いた開発にも対応する。

価格は、M5StickVが2800円、Sipeed Maix M1 Dockが3000円、Sipeed Maix Bitが3200円、Sipeed Maixduinoが3600円(いずれも税別)で、スイッチサイエンスのWebショップで販売している。

なお、同社ではデュアルカメラモジュールなどの周辺機器も今後取り扱う予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ほぼ全てのラズパイに対応——ラズパイ向け通信ボード「CANDY Pi Lite」専用ケース発売へ
  2. ムーアの法則の限界を超える次世代技術——グラフェンなどの2D材料スピントロニクスに注目
  3. 造形スピードの速さとコスパの良さ——FFF方式3Dプリンター「LOTMAXX SC-10 SHARK」
  4. 網膜投影ヘッドマウントディスプレイ「RETISSA Display」シリーズのレンタル/モニター販売を開始
  5. マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ
  6. オンラインでの子ども向けプログラミング道場から、ニキシー管とRaspberry Piを使った時計製作のワークショップまで(7月4日~)
  7. フラットな鍵盤で新たな演奏スタイルを——タッチキーボードシンセサイザー「FingerPhone」
  8. Raspberry Piベースのラップトップ型電子工作キット「CrowPi2」
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 頭部全体のイメージングを可能にするウェアラブル脳スキャナーを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る