新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売

スイッチサイエンスは、M5Stack製のAIカメラ「M5StickV」およびSipeed製のAI開発ボード「Sipeed Maix」シリーズの取り扱いを開始、2019年7月5日から順次発売することを発表した。

M5StickVは、Kendryte製のK210 RISC-Vデュアルコアプロセッサーを搭載。高性能ニューラルネットワークプロセッサ(KPU)とデュアルコア64bit RISC-V CPUによって、安価かつ高いエネルギー効率で高性能な画像処理を行うことができるという。

コンパクトな筐体内に、OmniVision製のOV7740カメラ、スピーカー、マイク、135×240のTFT液晶、ジャイロスコープ、リチウム電池、およびTFカードスロットを格納。高感度イメージセンサーOV7740の他にオーディオプロセッサーを搭載しており、画像認識の他に音声認識にも対応する。また、GROVE互換のコネクタによる拡張も可能だ。SipeedのMicropython環境「MaixPy」をプリインストールしているので、Sipeed Maixシリーズと同じ開発環境を使用することができる。

photo

Sipeed Maixシリーズは、K210 RISC-Vデュアルコアプロセッサーを搭載したAI開発ボードだ。標準サイズの「Sipeed Maix M1 Dock」、コンパクトサイズの「Sipeed Maix Bit」、およびESP32を搭載し無線LAN通信が可能な「Sipeed Maixduino」の3種類から販売を開始する。

同シリーズはMEMSマイク、カメラ、および2.4インチ液晶を同梱。機械学習における推論モデルの実行が可能だ。Micropython環境「MaixPy」をプリインストールしており、Arduino IDEやOpenMV、KendryteスタンドアロンSDKを用いた開発にも対応する。

価格は、M5StickVが2800円、Sipeed Maix M1 Dockが3000円、Sipeed Maix Bitが3200円、Sipeed Maixduinoが3600円(いずれも税別)で、スイッチサイエンスのWebショップで販売している。

なお、同社ではデュアルカメラモジュールなどの周辺機器も今後取り扱う予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る