新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STM32マイコンのプログラミングを簡略化——ST、ファームウェアIPを保護するマルチOS対応ソフトウェアを発表

STマイクロエレクトロニクスは、STM32マイコン向けに用意された複数のプログラム機能を1つのソフトウェアツールに集約した「STM32CubeProgrammer」の最新版を発表した。

STM32CubeProgrammerを利用することでJTAG/SWD端子のほか、各種インタフェース(UART/USB/SPI/I2C/CAN)から通信方法を選択して、デバイスメモリの読み取りや書き込み、消去、検証などを実行可能だ。

モトローラS19、インテルHEX、ELF、バイナリフォーマットなどのファイル形式もサポート。スクリプトによるオプションバイトのプログラミングとアップロード、コンテンツの検証、プログラミングの自動化も可能だ。 コマンドラインに加え、GUIでの操作にも対応する。

このツールにより、STM32マイコンを使用した開発が簡略化できる点が強みだ。 ST Visual Programmer(STVP)、DFuSe USB Device Firmware Upgradeプログラマ、Windows専用のSTM32 Flashローダー、ST-Link用ソフトウェアユーティリティといった複数のツールを置き換えることで、統合環境と柔軟性を高められる。なお、今後リリースされるSTM32マイコンの新製品は、STM32CubeProgrammerのみでサポートされる予定としている。

ファームウェア作成用にSTM32 Trusted Package Creatorを内蔵。AES-GCMキーがファームウェアを暗号化し、ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)の「STM32HSM-V1」と組み合わせて使用することで、ファームウェアIPの保護が可能だ。

HSMは、プログラミングするデバイス数を制限するセキュアファームウェアインストールを使用して、認証とライセンス供与を管理できる。

STM32CubeProgrammerの最新版は、STのWebサイトから無償でダウンロードできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る