新しいものづくりがわかるメディア

RSS


技術評論社、ROS2の入門書「ROS2ではじめよう 次世代ロボットプログラミング」発刊

技術評論社は、「ROS2ではじめよう 次世代ロボットプログラミング」を2019年8月13日に発刊予定だ。

Robot Operation System(ROS)の次世代バージョンであるROS2は、ロボットアプリケーション開発のためのミドルウェアだ。ROS1は通信内容が暗号化されておらず認証機能もないため、セキュリティ面で見ると商用ロボットの開発には不向きだったが、ROS2ではセキュリティ、メンテナンス性、ライセンス、商業サポートなどのさまざまな観点から見直され、開発当初から製品への組み込みを目標にして再設計されており、今後のロボットアプリケーション開発のデファクトスタンダードになるとされている。

ROS2の入門書である本書は、ロボットの開発に興味のあるエンジニア、ロボット新規事業の検討とサーベイを行う人、ROS1パッケージのROS2移行を考えるROS1ユーザにとって有用な1冊となっている。ROSとは何かから始まり、ROSの歴史、開発環境のセットアップ、基本機能と応用機能、ROS2に対応したツールやパッケージ、ROS1の資産を活用するための接続方法、パッケージの開発方法までを網羅している。

サンプルコードはC++だが、それ以外のプログラミング言語を用いたクライアントライブラリについても解説している。ROS1ではUbuntuのみで利用できたが、ROS2からはWindows、macOSで利用できるようになっているため、主なOSの開発環境のセットアップについても触れている。

著者は近藤豊氏。A5判240ページで、定価は2680円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る