新しいものづくりがわかるメディア

RSS


加工エリア1300×900mm——トロテック、大型レーザーカッター「R500」国内販売を開始

トロテックが、大型レーザーカッター「R500」の国内向け正式販売を開始した。

R500は、1300×900mmの加工エリアを保有し、CO2 100Wの高出力DCレーザー発振器を搭載した大型カッターだ。

本体サイズは1870×1700×1110mm、重量は約340kgで、アクリル、木材、紙、布地などのカット/彫刻が可能だ。

2種類の専用レーザーソフトウェアを使用し、グラフィックデータやCADデータを直接レーザーカッターに送信できる。Rayjet Commanderでデータをレーザー加工用データに出力し、Rayjet Managerで材料のパラメーター値を設定可能だ。Rayjet Managerのパラメーター値はプリインストールされているので、導入初日から稼働できる。

安全装置として、ダブルインターロックシステムとセーフティーキルスイッチを搭載。インターロックはトップカバーと発振器カバーに取り付けられており、カバーが開くと自動的にレーザーが照射されない仕組みだ。また、R500のレーザー安全基準はクラス2を採用している。

材料や用途に応じて、加工テーブルを選択可能だ。 厚みや幅のあるパーツのカットに適した「アクリルカッティングブレード」、カット後に平らな状態でテーブルに残せる「アルミニウムカッティンググリッド」、ビーム反射を最小限に抑えたい場合に適した「ハニカムカッティングテーブル」の3種類を用意。 加工テーブルは基本的に1種類を選択でき、オプションで加工テーブルを追加できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る