新しいものづくりがわかるメディア

RSS


加工エリア1300×900mm——トロテック、大型レーザーカッター「R500」国内販売を開始

トロテックが、大型レーザーカッター「R500」の国内向け正式販売を開始した。

R500は、1300×900mmの加工エリアを保有し、CO2 100Wの高出力DCレーザー発振器を搭載した大型カッターだ。

本体サイズは1870×1700×1110mm、重量は約340kgで、アクリル、木材、紙、布地などのカット/彫刻が可能だ。

2種類の専用レーザーソフトウェアを使用し、グラフィックデータやCADデータを直接レーザーカッターに送信できる。Rayjet Commanderでデータをレーザー加工用データに出力し、Rayjet Managerで材料のパラメーター値を設定可能だ。Rayjet Managerのパラメーター値はプリインストールされているので、導入初日から稼働できる。

安全装置として、ダブルインターロックシステムとセーフティーキルスイッチを搭載。インターロックはトップカバーと発振器カバーに取り付けられており、カバーが開くと自動的にレーザーが照射されない仕組みだ。また、R500のレーザー安全基準はクラス2を採用している。

材料や用途に応じて、加工テーブルを選択可能だ。 厚みや幅のあるパーツのカットに適した「アクリルカッティングブレード」、カット後に平らな状態でテーブルに残せる「アルミニウムカッティンググリッド」、ビーム反射を最小限に抑えたい場合に適した「ハニカムカッティングテーブル」の3種類を用意。 加工テーブルは基本的に1種類を選択でき、オプションで加工テーブルを追加できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 高度な数学者が小学生レベルの引き算を間違えてしまう理由とは
  2. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  3. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  4. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. micro:bitでオリジナル作品を作ろう——オーム社、「プログラム×工作でつくるmicro:bit」発刊
  10. 日本最大級の自作ハードウェアコンテンスト「GUGEN2019」が作品募集を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る