新しいものづくりがわかるメディア

RSS


加工エリア1300×900mm——トロテック、大型レーザーカッター「R500」国内販売を開始

トロテックが、大型レーザーカッター「R500」の国内向け正式販売を開始した。

R500は、1300×900mmの加工エリアを保有し、CO2 100Wの高出力DCレーザー発振器を搭載した大型カッターだ。

本体サイズは1870×1700×1110mm、重量は約340kgで、アクリル、木材、紙、布地などのカット/彫刻が可能だ。

2種類の専用レーザーソフトウェアを使用し、グラフィックデータやCADデータを直接レーザーカッターに送信できる。Rayjet Commanderでデータをレーザー加工用データに出力し、Rayjet Managerで材料のパラメーター値を設定可能だ。Rayjet Managerのパラメーター値はプリインストールされているので、導入初日から稼働できる。

安全装置として、ダブルインターロックシステムとセーフティーキルスイッチを搭載。インターロックはトップカバーと発振器カバーに取り付けられており、カバーが開くと自動的にレーザーが照射されない仕組みだ。また、R500のレーザー安全基準はクラス2を採用している。

材料や用途に応じて、加工テーブルを選択可能だ。 厚みや幅のあるパーツのカットに適した「アクリルカッティングブレード」、カット後に平らな状態でテーブルに残せる「アルミニウムカッティンググリッド」、ビーム反射を最小限に抑えたい場合に適した「ハニカムカッティングテーブル」の3種類を用意。 加工テーブルは基本的に1種類を選択でき、オプションで加工テーブルを追加できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. オリジナルマインド、全軸リニアガイド採用のデスクトップ型CNCフライス「KitMill CL」シリーズ発売
  3. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  4. IoTBASE、ソニーのLPWA通信規格「ELTRES」に対応
  5. エイミー、IoTと電子工作の知識共有サービス「elchika」正式リリース
  6. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  7. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  8. 一見、鉛蓄電池を彷彿させる地味なフォルムが逆に新鮮だったラジオ「National Panasonic Portable Radio RF-727 COUGAR No.5」
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. 時の光が降り積もる——LEDデザイン時計「TIMEDROP LED CLOCK」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る