新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル

ビット・トレード・ワンが、Raspberry Pi用センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアルし、小冊子付きで2019年8月23日に発売する。

photo

ラズパイセンサーボードは、Raspberry Piの初学者でも使い易いよう、環境測定に必要な室温度/気圧センサー、ガスセンサー、明るさセンサーの3種類のセンサーを搭載したセンサー拡張基板だ。Raspberry Piによる環境センサーの使い方を学習できる。

ガスセンサー用には高精度デルタシグマA/Dコンバーターを搭載。同社が発売する「ラズパイ入門ボード」とスタッキングで使用することでさらに幅広い学習に活用できる。

photo

また拡張用コネクターとして、アナログセンサー用とI2C用に、2つのGroveシステム対応コネクターを搭載し、Groveシステム対応のサーボやセンサー、アクチュエーターが利用できる。

さらに、シェルスクリプトマガジンと連動した解説記事を小冊子化した「AssemblyDeskBooks vol.4」が付属。近づく物体を検出する実験などをはじめ、学習に必要な情報や試してみたくなるような実験記事などを掲載している。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B/Raspberry Pi 3 Model B+。外形寸法が23×65×71mmで重量は約25gとなっている。店頭想定売価は5480円(税別)程度だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る