新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル

ビット・トレード・ワンが、Raspberry Pi用センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアルし、小冊子付きで2019年8月23日に発売する。

photo

ラズパイセンサーボードは、Raspberry Piの初学者でも使い易いよう、環境測定に必要な室温度/気圧センサー、ガスセンサー、明るさセンサーの3種類のセンサーを搭載したセンサー拡張基板だ。Raspberry Piによる環境センサーの使い方を学習できる。

ガスセンサー用には高精度デルタシグマA/Dコンバーターを搭載。同社が発売する「ラズパイ入門ボード」とスタッキングで使用することでさらに幅広い学習に活用できる。

photo

また拡張用コネクターとして、アナログセンサー用とI2C用に、2つのGroveシステム対応コネクターを搭載し、Groveシステム対応のサーボやセンサー、アクチュエーターが利用できる。

さらに、シェルスクリプトマガジンと連動した解説記事を小冊子化した「AssemblyDeskBooks vol.4」が付属。近づく物体を検出する実験などをはじめ、学習に必要な情報や試してみたくなるような実験記事などを掲載している。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B/Raspberry Pi 3 Model B+。外形寸法が23×65×71mmで重量は約25gとなっている。店頭想定売価は5480円(税別)程度だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  3. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  4. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  9. グラフェンから無限の電力を引き出す、小型デバイス向けエナジーハーベスト回路を開発
  10. レトロゲームでプログラミングを学ぶ——ポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る