新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル

ビット・トレード・ワンが、Raspberry Pi用センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアルし、小冊子付きで2019年8月23日に発売する。

photo

ラズパイセンサーボードは、Raspberry Piの初学者でも使い易いよう、環境測定に必要な室温度/気圧センサー、ガスセンサー、明るさセンサーの3種類のセンサーを搭載したセンサー拡張基板だ。Raspberry Piによる環境センサーの使い方を学習できる。

ガスセンサー用には高精度デルタシグマA/Dコンバーターを搭載。同社が発売する「ラズパイ入門ボード」とスタッキングで使用することでさらに幅広い学習に活用できる。

photo

また拡張用コネクターとして、アナログセンサー用とI2C用に、2つのGroveシステム対応コネクターを搭載し、Groveシステム対応のサーボやセンサー、アクチュエーターが利用できる。

さらに、シェルスクリプトマガジンと連動した解説記事を小冊子化した「AssemblyDeskBooks vol.4」が付属。近づく物体を検出する実験などをはじめ、学習に必要な情報や試してみたくなるような実験記事などを掲載している。

対応機種は、Raspberry Pi Model B+/Raspberry Pi 2 Model B/Raspberry Pi 3 Model B/Raspberry Pi 3 Model B+。外形寸法が23×65×71mmで重量は約25gとなっている。店頭想定売価は5480円(税別)程度だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る