新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターで治具を調達——Boolean、製造プロセスの支援サービスを開始

Booleanは、3Dプリンターを用いた製造プロセス支援サービスを2019年9月1日から開始する。

近年、欧州を中心に3Dプリンターが工作機械として普及し始めている。 同社は、国内企業が3Dプリンターを使いこなすには、プリンターの選定/セットアップや専用ソフトの活用(3DCADソフト/スライサー)などのハードルが存在すると認識。このハードルを乗り越え、3Dプリンター活用を定着させるための支援サービスを提供する。

まずは、金属や樹脂の切削加工を担う企業に向け、治具の調達を3Dプリンターで代用するプロセス構築を目指す。

治具の調達におけるリードタイムや設備の専有時間の存在、外注する場合のコストは大きな課題で、これを3Dプリンターで代替することで課題解決を狙う。

3Dプリンターで制作できる治具の強度は金属(アルミなど)と同程度。100μmレベルでの精度で造形可能だ。

ハニカム構造や金属を入れ込んだ造形も可能で、素材も重量や耐熱性/耐摩耗性/柔軟性など、さまざまな要素を加味して複数素材から選択できる。

なお、同サービスを紹介するセミナー「“治具造形”内製化セミナー 3Dプリンターで固定治具を作る!」を2019年9月9日に北九州市にて開催予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  2. Arduinoで電子工作しよう——DIY電子工作キット「ThinkCrate」
  3. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  4. 好きなキャラクターと一緒に暮らせる——3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」量産モデル発売日決定
  5. ほとんど水、カロリー4分の1の「バター」を開発——人工安定剤不要、タンパク質やビタミンの追加も可能
  6. Raspberry Pi 3A+対応の無停電電源ボード「Pi16340 Smart UPS HAT」
  7. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  8. 武藤工業、産業向けDLP光造形方式3Dプリンター「ML-100」、「ML-80」発売
  9. レンズの球面収差をゼロに——収差を補正できる設計解を求める手法を発見
  10. 脳細胞をスマートフォンで制御する装置を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る