新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターで治具を調達——Boolean、製造プロセスの支援サービスを開始

Booleanは、3Dプリンターを用いた製造プロセス支援サービスを2019年9月1日から開始する。

近年、欧州を中心に3Dプリンターが工作機械として普及し始めている。 同社は、国内企業が3Dプリンターを使いこなすには、プリンターの選定/セットアップや専用ソフトの活用(3DCADソフト/スライサー)などのハードルが存在すると認識。このハードルを乗り越え、3Dプリンター活用を定着させるための支援サービスを提供する。

まずは、金属や樹脂の切削加工を担う企業に向け、治具の調達を3Dプリンターで代用するプロセス構築を目指す。

治具の調達におけるリードタイムや設備の専有時間の存在、外注する場合のコストは大きな課題で、これを3Dプリンターで代替することで課題解決を狙う。

3Dプリンターで制作できる治具の強度は金属(アルミなど)と同程度。100μmレベルでの精度で造形可能だ。

ハニカム構造や金属を入れ込んだ造形も可能で、素材も重量や耐熱性/耐摩耗性/柔軟性など、さまざまな要素を加味して複数素材から選択できる。

なお、同サービスを紹介するセミナー「“治具造形”内製化セミナー 3Dプリンターで固定治具を作る!」を2019年9月9日に北九州市にて開催予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る