新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D Systems、スケーラブルな光造形方式3Dプリント製造システム「Figure 4 Modular」発売

3D Systemsは、ユーザーのビジネスの成長に応じて拡張可能な柔軟性を備えた3Dプリント製造システム「Figure 4 Modular」を、2019年10月2日に発売した。

Figure 4 Modularは、光造形方式で毎時100mmの高速造形が可能な製造ソリューションだ。Figure 4 Modularを含む、Figure 4プラットフォームは、Figure 4 Standalone、Figure 4 Modular、Figure 4 Productionの3モデルがラインナップされている。

Figure 4 Standaloneは、安価な工業グレードのシングルエンジンソリューションだ。少数ロットの造形やプロトタイピングなどに利用でき、小規模デザイン会社やOEM向けのソリューションだ。

Figure 4 Modularは、材料補給を自動化し、ポストプロセスも集約して一括で行うことができるプリントソリューションだ。ユーザーの事業規模などに合わせて、プリントエンジンを最大24個まで拡張することができる。また付属のソフトウェア「3D Sprint」によって、高スループットを維持しながら各エンジンで異なった材料での造形ができる。さらにオプションで「3D Connect Service」を利用することによって、3D Systemsからの遠隔監視サービスを受けることもできる。

Figure 4 Productionは、完全カスタマイズに対応した自動化製造ソリューションだ。柔軟な積層造形の設計が可能で、製造モジュールに組み込むことができる。また、材料供給の自動化とポストプロセスの統合によって生産性が向上し、運用コストが削減されるという。

今回同時に、Figure 4向けの材料として、柔軟で耐久性の高いプロピレンライクな黒色パーツの造形ができる「Figure 4 FLEX-BLK 10」、医療系アプリケーションなど向けの滅菌可能な琥珀色または白色の生体適合材料「Figure 4 MED-AMB 10」および「Figure 4 MED-WHT 10」、高耐熱性で設計検証テストやモーターの筐体など向けの「Figure 4 HI TEMP 300-AMB」を発売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どちらの結び方が強いのか?——MIT、結び目の安定性を予測する数学モデルを作成
  2. 1950年代のフライス盤をCNC化する「Arno goes CNC」プロジェクト
  3. TechShopが日本に遺したもの、ポスト・メイカームーブメント時代のメイカースペースのあり方
  4. 100均電子機器の中身をみてみる——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!」発刊
  5. 中国武術 vs. 3Dプリント4番勝負!——その素材は鉄の武器に耐えられるか
  6. コンパクト&高出力! カメラ内蔵レーザーカッター「beamo」レビュー
  7. サッカークラブのリバプールFC、試合分析にデータサイエンスを活用——効果は絶大でプレミアリーグ首位を独走中
  8. 翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ!あたらしいIoTの教科書」を刊行
  9. 特許をサブスクで取得可能——テクノアイデア、「ライセンスバンク」を提供開始
  10. Raspberry Pi4 model BでTensorflow.jsやPythonの基礎を学習——「はじめてのAIプログラム学習キット4」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る