新しいものづくりがわかるメディア

RSS


入力×11、出力×21を備えたMIDIコントローラー——MIDIルーターコントロールセンター「MRCC」

豊富なI/Oを備えたMIDIルーターコントロールセンター「MRCC」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

MRCCは、入力×11、出力×21のMIDIインターフェースを備えたMIDIコントローラー。5PIN DIN、3.5mmステレオミニプラグ、USB接続が可能で、昔ながらの電子楽器からPCやタブレットのソフトシンセまで対応する。トップパネルに垂直にプラグインするデザインで、ケーブルの取り回しの自由度を高めている。

photo

MIDIパスのルーティングやMIDIフィルターの設定は、フロントパネルの各I/Oに割り当てられたボタンとフルカラーLEDで簡単に行える。複雑な設定もカラーOLEDディスプレイのグラフィカルUIで行え、設定は内部メモリの保存できる。パネルグラフィクスで、どのデバイス間でルーティングやフィルタリングしているのかを一目で確認できる。

メッセージフィルター機能は、クロック、ノートON/OFF、CC、プログラムチェンジ、ストップ/スタート/コンティニューに、マッピング機能は、ベロシティスケーリング、チャンネル、PCバーチャルケーブル×16に対応する。また、セーブ/ロードプリセット、MIDIルーティングテスト、ビジュアルMIDIモニターなどのツールを備える。

本体サイズは405×90×50mmで、コンパクトなデスクトップデザインか、19インチのラックマウント(2U)かを選択できる。オプションで、イーサネットケーブル接続対応、5PIN DIN×7のリモートポートを備える「MRCC-Remote」も用意している。

MRCCの価格は349ドル(約3万7700円)で、2020年2月の出荷を予定している。日本への送料は35ドル(約3780円)だ。2019年10月22日までクラウドファンディングを実施しており、10月3日時点で、5万ドル(約541万円)の目標額を上回る約6万7000ドル(約718万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る