新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MIT、光に反応するインク「PhotoChromeleon」を開発——カメレオンのように変色

Image courtesy of the researchers.

MITのコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)の研究チームは、紫外線や可視光に反応するフォトクロミック(photochromic)色素を利用してカメレオン(chameleon)のように色を変えることができるインク「PhotoChromeleon」を開発した。何度でも書き換え可能で、スマートフォンから車のボディまで、様々なものの色や模様を変えることができる。

このインクには、シアン、マゼンタ、イエローの色のフォトクロミック色素が含まれており、それぞれの色素は特定の波長の光に反応する。スプレーやブラシを使って色を変えたいものにインクを塗布しておき、専用ソフトでUV光とRGBプロジェクターの照射範囲を調整すれば、自由に発色を制御できるという。

1回のプロセスには15~40分を要するが、反応は可逆的なため、デザインが気に入らない場合は、UV光で消去して何度でもやり直すことができる。

公開された動画では、単純なパターンから細かな風景まで、解像度の高さと色域の広さを示している。ただし、今回開発したインクでは全ての色を表現できなかったため、材料科学者とも協力してインクの改良を行う予定だ。

提携するFord Motorの技術者も「このインクは、マルチカラーパーツの製造に必要な多くの工程を減らし、天候や紫外線による退色を改善できる可能性がある。いつか、自分の車の色をそのときの気分で自由に変えることもできるかもしれない」と、期待を寄せている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る