新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スター・ウォーズ最新作に登場する新スターシップ、ポルシェとのコラボデザインに

ドイツの自動車メーカー、ポルシェは、2019年12月20日公開予定の映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に登場するスターシップをルーカスフィルムと共同でデザインしていることを明らかにした。

ポルシェのデザインを手掛けるスタイル・ポルシェを率いているMichael Mauer氏は、「明確なポルシェのデザインDNAを持つスターシップの製作は、刺激的でやりがいがある。一見すると両者には多くの点で共通点があるようには見えないが、どちらの世界にも同様の設計哲学がある」と述べている。

公開された資料動画によると、ポルシェとルーカスフィルムが共同でデザインしているのは、共和国軍の軽アサルトシップ。2~4基のエンジンを搭載し、ポルシェ初の完全電気自動車「Taycan」のようなフロントドアが前方に2つ、後方には大型のカーゴドアがあり、最小乗員数はパイロット2人で最大乗員数は5人と説明されている。また、製造はXウイングと同じインコム社という設定だ。

ルーカスフィルムのエクゼクティブクリエイティブディレクターであり、スター・ウォーズシリーズの全デザイン監督責任者であるDoug Chiang氏は、「我々は、このプロジェクトで、はるか彼方の銀河系のエキゾチックな映像デザインと、感情を刺激するポルシェのスポーツカー開発に注ぎ込まれる精密な作業という2つの世界を結びつけています」とコメントしている。このスターシップのモデルは、2019年12月に行われる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のプレミアで公開予定だ。

また、このプレミアではTaycanの展示も行われる予定だ。Taycanは2019年9月初旬に発売されており、2019年末にはアメリカでの納車が始まる予定。ヨーロッパでの顧客引き渡しは2020年初頭の見込みだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る