新しいものづくりがわかるメディア

RSS


セキド、海底地形把握機能を搭載した「サイドスキャンソナー搭載水中ROV」発売

セキドは、従来のROVの基本性能に加え海底地形把握機能を搭載したROVを発表した。

photo

ROV本体は、同社が組み立て販売を行うアメリカBlueRoboticsの「BlueROV2」を基礎とし、海洋調査で定評のあるイギリスBluePrint Subseaのサイドスキャンソナーを統合させることで、従来同じ用途で使用されていた機材よりも低価格での提供を実現したとしている。

photo

サイドスキャンソナーは、同社が専用設計したマウントにより搭載され、計測に理想とする角度を実現。ROV本体のサイズを大きく超えることがないため、航行性能に影響はなく、従来のカメラ画像を使用した通常業務も可能だ。速度と深度を一定に保ち、一貫性のある高い精度のデータを得ることが可能となった。

photo

サイドスキャンソナーがROVに統合されたことで、定置網などのアンカーや海底パイプラインなどの調査、護岸工事調査などに応用できる。視認性が低い水質でも音響技術を使用したサイドスキャンソナーは、海底地形の高精細な水中イメージ画像を取得可能だ。

photo

計測データは操縦に使用している従来のPCにソフトウェアをインストールするだけで計測可能で、接続はUSBケーブルだ。

参考価格は200万円(税抜)。現行BlueROV2 にオプションとして、サイドスキャンソナー搭載モデルが選択可能になっている。なお、海洋関連企業向け産業用ROVの説明会を2019年12月13日に、同社虎ノ門本店にて実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi公式ディスプレイとカメラを一体型ケースに——Raspberry Pi用ケース「SmartiPi Touch Pro」
  2. 数学的概念を自動的に図式化するツールを開発 カーネギーメロン大
  3. プリント後に造形物の形を変えられる3Dプリント方法を開発 米ライス大
  4. 電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」
  5. 4000℃以上に耐えるセラミック耐熱材料を開発——航空宇宙分野での活用が期待
  6. 500dpiの精細な刻印——厚さ6cmのスリムなレーザー加工機「Cubiio 2」
  7. 【会社員2540人のテレワーク実態調査】製造業系エンジニアの51.5%、IT系エンジニアの75.7%がテレワークで在宅勤務。人気ツールは「Microsoft Teams」と「Zoom」
  8. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  9. 世界最速の電動式モノホイールを大学生が開発——ギネス世界記録に挑戦
  10. 低価格で人気のあったホビー向け8ビットパソコン「KAWAI MSX2 PERSONAL COMPUTER KMC-5000」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る