新しいものづくりがわかるメディア

RSS


セキド、海底地形把握機能を搭載した「サイドスキャンソナー搭載水中ROV」発売

セキドは、従来のROVの基本性能に加え海底地形把握機能を搭載したROVを発表した。

photo

ROV本体は、同社が組み立て販売を行うアメリカBlueRoboticsの「BlueROV2」を基礎とし、海洋調査で定評のあるイギリスBluePrint Subseaのサイドスキャンソナーを統合させることで、従来同じ用途で使用されていた機材よりも低価格での提供を実現したとしている。

photo

サイドスキャンソナーは、同社が専用設計したマウントにより搭載され、計測に理想とする角度を実現。ROV本体のサイズを大きく超えることがないため、航行性能に影響はなく、従来のカメラ画像を使用した通常業務も可能だ。速度と深度を一定に保ち、一貫性のある高い精度のデータを得ることが可能となった。

photo

サイドスキャンソナーがROVに統合されたことで、定置網などのアンカーや海底パイプラインなどの調査、護岸工事調査などに応用できる。視認性が低い水質でも音響技術を使用したサイドスキャンソナーは、海底地形の高精細な水中イメージ画像を取得可能だ。

photo

計測データは操縦に使用している従来のPCにソフトウェアをインストールするだけで計測可能で、接続はUSBケーブルだ。

参考価格は200万円(税抜)。現行BlueROV2 にオプションとして、サイドスキャンソナー搭載モデルが選択可能になっている。なお、海洋関連企業向け産業用ROVの説明会を2019年12月13日に、同社虎ノ門本店にて実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る