新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エレファンテック、三菱マテリアルによる「銅ナノインク」開発に評価パートナーとして参加

エレファンテックは、三菱マテリアルが開発する、プリンテッドエレクトロニクス向け銅ナノインクの開発に、評価パートナーとして参加する。

photo

プリンテッドエレクトロニクス分野のスタートアップ企業エレファンテックは、必要な箇所にのみインクジェット方式で金属ナノ粒子を印刷し、メッキ技術で金属を成長させる独自技術「ピュアアディティブ法」によるプリント基板製造技術を持っている。この製法は、従来のフレキシブル基板と比較して製造リードタイムとコスト削減を可能とするものだ。

従来、インクジェット方式によるフレキシブル基板製造では、銀ナノインクが多く用いられてきた。しかし高湿度環境などで電圧を印加した際、銀がイオン化し、陽極側から陰極側に移動することで短絡が生じるマイグレーションによる回路内の絶縁不良や短絡の発生が課題となっていた。今回三菱マテリアルが開発する銅ナノインクは、銀ナノインクにおけるこれらの課題を解決し、さらにコストダウンにもつながることが期待されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る