新しいものづくりがわかるメディア

RSS


非接触光学式3Dスキャナー「ATOS」の中小型部品向け新製品「ATOS Q」を低価格で提供開始

TAG

新製品 3Dスキャナ

丸紅情報システムズは2020年6月4日、ドイツの光学式3D測定機器メーカーであるGOM製の非接触光学式3Dスキャナー「ATOS」シリーズの新製品「ATOS Q」の販売を開始した。

ATOS Qは、GOMが提供する3Dスキャナーのハイエンド機種「ATOS 5」と同等のテクノロジーを搭載することで複雑な検査業務に対応。それと共に、測定対象を中小型部品に絞ることでコンパクトな筐体サイズと低価格を実現した。

ATOS 5と同様、トリプルスキャン方式、ブルーライトイコライザー、アクティブ温度管理システム、セルフモニタリングのためのキャリブレーション、フリンジパターン投影、光ファイバーケーブルによる高速データ転送、高速データ処理の機能を備えている。

装置の重量は4kg、外形サイズは340×240×83mmだ。小型射出成形品、金型、工具や複雑な部品など、小型から中型までの測定対象物の全体形状を3Dデジタル化するため、中小型部品の測定に適した5種類の交換式レンズを採用した。レンズは対象物に応じて、測定範囲を100mm×70mm2から500mm×370mm2まで変更できる。

ATOS Qは、1200万画素のCCDカメラを備えた12Mと、800万画素のCCDカメラを備えた8Mの2種類をラインアップ。それぞれ1200万点×2と800万点×2の座標を1回のスキャンで取得することが可能だ。交換レンズとCCDカメラの組み合わせにより、精度、解像度、測定範囲の定義が自由にできる。

検査ソフトウェアにはGOM Inspect Suiteを使用。三脚および回転テーブルを使用した半自動測定に加えて、全自動測定装置「ATOS ScanBox」を組み合わせた全自動測定にも対応可能だ。

販売価格は12Mが1236万円(税抜)、8Mが903万円(税抜)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  8. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  9. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  10. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る