新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1冊まるごとScratchでできる『Scratchではじめる機械学習』が発売——試し読みページを公開

試し読みをPDFファイルでを公開中

オライリー・ジャパンは、『Scratchではじめる機械学習 —作りながら楽しく学べるAIプログラミング』を2020年7月28日に発売する。

本書はScratchを用いて学ぶ機械学習の入門書だ。ML2Scratch、TM2Scratch、PoseNet2ScratchなどのScratchで機械学習を扱える拡張機能を組み合わせ、画像認識や音声認識、姿勢推定などを利用したプログラムを作りながら、機械学習の仕組みを学習できる。

序章を含む全6章構成。画像認識を用いたじゃんけんゲームや音声認識を用いて声を聞き分けるデジタルペットの作成、姿勢推定を用いた体を使う楽器プログラムなどのほか、最終章ではScratchを使用した遺伝的アルゴリズムの実装にも挑戦する。

付録ではその他の拡張機能を使用し、音声翻訳機や、手指/顔をより細かく認識させるプログラムを紹介する。

発売に先んじて、一部ページの試し読み(PDF)をMake:Japanのサイトで公開しており、Teachable MachineとTM2Scratchを使った画像認識プロジェクト作成を試すことができる。

著者は石原淳也氏と倉本大資氏、監修は阿部和広氏。B5変形判176ページで、価格は2420円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る