新しいものづくりがわかるメディア

RSS


新型コロナ対応で公共スペースを殺菌する自律飛行型ドローンを開発——UV-C照射でウイルスを除去

@UVCDrone sterilising hospital ward

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の第二波に備えるため、病院、レストラン、電車、バス、飛行機、ショッピングセンター、空港、化粧室といったさまざまな施設の殺菌消毒をする手段が求められている。アイルランド国立大学ゴールウェイ校とリムリック大学の研究者らは共同で、殺菌効果のある紫外線を照射できるドローン「@UVCDrone」を開発した。

@UVCDroneは、紫外線の中でも波長が短く殺菌効果の高い「UV-C」を利用する。ドローンは予定時刻になると起動し、AIアルゴリズムを利用して自律飛行しながらUV-C光を照射し、清掃が済んだら充電のため戻ってくる。UV-C光は人体には有害なので、夜間など人のいない時間の作業を想定している。

開発者のDerek O’Keeffe教授は「私たちはCOVID-19と闘うための革新的なソリューションを必要としている。@UVCDroneが紫外線を照射することで、階段から店舗の床までさまざまな公共スペースを殺菌できる」とし、Kevin Johnson氏も「COVID-19は公衆衛生上の緊急事態となっており、@UVCDroneはそれに打ち勝つための新しい重要なツールだ」と語っている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 80mm/s以上でも安定した造形——Anycubic、FFF方式3Dプリンター「Kobra Plus」発表
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る