新しいものづくりがわかるメディア

RSS


KFC、バイオプリンター製チキンナゲットを開発

KFCは2020年7月16日、ロシアの3D Bioprinting Solutions研究所と共同で、鶏肉を作るための革新的な3Dバイオプリンティング技術の開発を開始したと発表した。モスクワで2020年秋に、試験用の最終製品を受領する予定だ。

近年環境への悪影響を減らしつつ、増え続ける世界人口に食糧を安定供給できるようにする解決策が求められている。また、健康的なライフスタイルと栄養への関心が高まり、伝統的な肉の代替品への需要も年々増加している。

3D Bioprinting Solutionsは、鶏の細胞と植物由来の素材を用いた3D バイオプリンティング技術を開発している企業で、プロセスにほとんど動物を必要とせずに鶏肉の味と食感を再現できる。

今回のプロジェクトでは、世界初の実験室で生産されたチキンナゲットの開発を目指している。味も見た目もKFCのオリジナル製品に可能な限り近いものにすると同時に、通常の食肉よりも環境に優しい方法で製造する予定だ。KFCの特徴的な味を生み出すために、KFCは3D Bioprinting Solutionsに衣やスパイスなどの必要な材料をすべて提供するとしている。

「American Environmental Science&Technology」誌の研究によると、細胞から肉を育てる技術は、環境への悪影響が少なく、畜産と比較してエネルギー消費を半分以上削減でき、温室効果ガスの排出量を25分の1に削減できるという。また、従来の農場ベースの食肉生産に比べて使用する土地も100分の1で済む。そして、動物に危害を加えないという点では、伝統的な畜産よりも倫理的と言えるだろう。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る