新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホを見ながら歯みがきの練習——ライオン、スマート歯ブラシ「クリニカKid's はみがきのおけいこ」発売

ライオンは、加速度センサー付きアタッチメントを歯ブラシに取り付けることで、子どもが自主的に正しい歯みがきを続けることを可能にする「クリニカKid's はみがきのおけいこ」を発売、テストマーケティングを、アスクルと共同で実施すると発表した。

photo

クリニカKid's はみがきのおけいこは、アタッチメントの加速度センサーによって磨く位置と速度を取得。対象の子どもそれぞれのブラッシングデータを蓄積する。うまく歯みがきできたかどうかを点数で評価することで、子ども自身が上達を実感できる仕組みだ。また、親が重点的に仕上げ磨きすべき箇所も分かるようになっている。

photo

専用のスマートフォンアプリでは、「泥んこで汚れてしまった動物キャラクターを歯みがきで綺麗にする」というストーリーの絵本型コンテンツを使って、子どもが「歯を綺麗にする」という概念を理解しやすく説明し、歯みがき上達に対する向上心を持たせるような工夫がされている。

photo

販売は、アスクルが運営する日用品ショッピングサイト「LOHACO」にて行う。LOHACOでは特設サイトを設けると共に、LOHACOが展開するデータマーケティング支援サービス「LOHACO Insight Dive」と連携し、子どもの歯みがきの状態や家族の買い物傾向などから、アプリ内で歯ブラシ交換タイミングやおすすめオーラルケアグッズなどを知らせるテストマーケティングを実施する。

photo

製品の内容は、アタッチメント本体1個、micro USBケーブル1本、「クリニカKid's ハブラシ 3~5才用」(イエロー)1本のセットとなる。アタッチメント本体はmicro USBで充電し、1回の充電により「アプリモード」で約120回(約300分)使用できる。価格は1万2100円(税込)で、2020年8月25日から先行予約受付を開始し、同年9月9日に発売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る